業務スーパーチュロス揚げないでトースターOK!冷凍2種の違いは?

業務スーパーチュロスが人気なのをご存じですか?今回は業務スーパーのチュロスをヘルシーに揚げないでトースターで調理できるか試してみました。揚げない場合はトースターでOKなのです!

現在、SNSで業務スーパーのチュロスが流行っています。

安くて美味しいですし、冷凍食品なので保存が利くため話題になっているようです。

業務スーパーのチュロスはそのまま食べても美味しいですけど、揚げないで済む調理方法があり色々な食べ方があるのを知っていますか?

今回は、チュロスの揚げないで済むトースターでの調理方法や、様々なアレンジについてまとめていこうと思います。

 
スポンサーリンク

業務スーパーのチュロスの人気の秘密はコレ!2種類の違いとは?

業務スーパーで売られているチュロスには、98円で500g入っている国産チュロスと、248円で200g入っているスペイン産チュロスの2種類があります。

国産のチュロスは、98円で35本前後入っているので非常に割安です(長さは店頭で売られているものの3分の1程度)。

国産ですから安心感がありますね。

100g172kcalと書いてありますが、油で揚げたり砂糖などを掛けると300kcal程度にはなるでしょう。

https://twitter.com/makiaran_No4_3/status/1130798771204321280

スペイン産のチュロスは、国産のものより太いですが1本あたりの値段が割高になっています。

ただ既に揚げてあるため、オーブンで7分間調理するだけで食べられます(1200Wの場合)。

揚げる場合は油の後始末が面倒ですから、そうした手間が省けるのは嬉しいですね。

味付けはされていないため、自分好みの味になるよう砂糖や蜂蜜をかけて下さい。

自分で味付けをしなければいけないのは少々面倒ですが、糖分を調整できるのはメリットだと思います。

https://twitter.com/chikuchiku04/status/1112922045011046400

業務スーパー・チュロスを上手に揚げる方法!

業務スーパーのチュロスを丁度いい加減に揚げるのは、結構難しいと思います。

チュロス同士をくっつけてしまったり、焦がしてしまったり、油で周囲を汚してしまったという人もいるでしょう。

ここからは、そうした失敗をしないように調理する方法を書いていきます。

チュロスは解凍せずに冷凍されたまま揚げて下さい。

凍ったチュロスを揚げる時に、油がハネて自分に掛からないよう注意して下さい。

チュロスとチュロスが近づきすぎないように、離して揚げられる程度の量を入れます。

そして、沈んでいるチュロスには触れずに、上の方に浮いたものだけを返しましょう。

こんがりとした色になったら、チュロス同士がくっつかないように置いて油切りをして下さい。

5分くらい油切りをすれば、いらない油が抜けて美味しく頂けますよ。

業務スーパー・チュロスをオーブントースターでの調理法!

上の項で説明した方法を取れば、チュロスを上手く揚げられると思います。

しかし、油を使った調理はそれ自体が面倒ですし、油の後始末にも手間が掛かってしまいます。

この項ではオーブントースターだけで調理出き、揚げないで済む方法を紹介していきます。

まず、98円で売っている国産チュロスの場合は、オーブンで解凍する必要はありません。

オーブンを調理前に180度まで温めておき、冷凍されたチュロスを35分前後焼いて下さい。

フライパンで揚げるよりも調理時間が掛かりますが、余計な油を摂取せずに済み、表面はカリカリに内部は柔らかく仕上がります。

何より、一度焼き始めたら出来上がるまで放置できるのが楽です。

ただし、解凍した後で焼くと水分が飛ばず、ぬちゃっとした仕上がりになってしまいます。

オーブンで焼くにしろフライパンで揚げるにしろ、必ず冷凍されたままの状態で調理して下さい。

一方、248円で売られているスペイン産のチュロスの場合は、トースターで7分焼けば調理完了です(1200W)。

冷凍する前に油で揚げているため、揚げないで済むのが楽ですね。

しかし、国産の方のチュロスのように、油をカットすることはできませんし少し割高です。

それでも普通のスーパーで売られているものと比べれば、かなりお得ですけれど。

スペイン産のチュロスは味付けが殆どされていないので、下記のアレンジ方法を参考にして下さい。

スポンサーリンク

業務スーパー・チュロスのアレンジ方法!

この項では、チュロスに掛けると美味しくなるソースなどを紹介していきます。

下記ソースなどの分量については、作ったチュロスの量によって調整して下さい。

・シナモンと砂糖を混ぜてかける

シナモンと砂糖を混ぜてかけるチュロスは、お店などでもよく見かけますね。

定番だけあって、多くの人が楽しめる味だと思います。

2つの比率は、シナモン1に対して砂糖を15が目安です。

お好みによって砂糖の比率を調整して下さい。

・抹茶とグラニュー糖を混ぜて掛ける

グラニュー糖25gに、抹茶粉末を小さじ1杯入れて混ぜて下さい。

完全に混ざらないと、砂糖と抹茶の味に偏りが出てしまいます。

しっかりと混ぜてからチュロスに掛けましょう。

「抹茶の量が多いとキツイ」という人は、上記の半分の量にしてみると食べやすくなると思います。

・ミルクチョコソースを掛ける

ホットミルク10mlに対し溶かしたチョコを15g入れれば、ソースが完成します。

砂糖をまぶしたチュロスとは違った味わいがあります。

寒い時期に温めた上記のミルクを掛けると、一段と美味しく食べられると思います。

・きなこと砂糖を混ぜて掛ける

きなこと砂糖の比率は1:1で、これもよくかき混ぜてからチュロスに掛けて下さい。

好みによっては、塩を少々加えてもいいでしょう。

自分が一番美味しいと思える砂糖ときなこの比率を、色々と試してみるのも良いですね。

・キャラメルソースを掛ける

キャラメルソースには大した材料が入りません。

まず、水大さじ一杯と砂糖25gを茶色になるまで熱してください。

それにホットミルク75mlを入れ、キャラメルと同じ色になるまで煮るだけで完成です。

このキャラメルソースは甘すぎないので、シナモンシュガーやチョコミルクのソースに飽きてきた人にお勧めします。

・ミルクチョコソースとキャラメルソースを混ぜる

上記のミルクチョコソースとキャラメルソースを足してみても美味しいですよ。

フライパンや鍋で、砂糖25gを茶色になるまで熱して下さい。

それからホットミルク75mlを投入し、しっかりと混ぜていきましょう。

最後にチョコレート1枚を細かく割り混ぜていきます。

ミルクチョコソースとキャラメルソースはそれぞれ美味しいですが、両方を足すと深みのある味になります。

・アイスとミルクチョコソースを混ぜて掛ける

上記のミルクチョコソースにアイスをお好みで混ぜて、それをチュロスに掛けて食べると美味しいです。

暑い夏にオススメの食べ方です。

・ホイップクリームを掛ける

アイス・チョコソース・キャラメルソースなどとホイップクリームを一緒に掛けても美味しいですよ。

他にも、自分好みのオリジナルソースを作ってみるのもいいでしょう。

業務スーパー・チュロスのまとめ

この記事では業務スーパーのチュロスの種類・揚げ方・揚げないで済むトースターでの調理法・アレンジについてまとめてきました。

業務スーパーで売られているチュロスには、国産の量が多いものと、スペイン産の量が少ないものの2種類があるのでしたね。

前者の方が安いですが調理するのに手間が掛かり、後者の方は高くても短い時間で調理が終わることが分かりました。

冷凍のまま油に入れ、くっつかない程度にチェロス同士を離し、浮き上がってくるまで触らないように揚げて下さい(国産チュロスの場合)。

スペイン産チュロスは既に揚げてある商品です。

トースターでの調理時間は、国産チュロスが35分、スペイン産チュロスが7分でした。

チュロスのアレンジ方法は、「砂糖とシナモン」「ミルクチョコレートソース」「キャラメルソース」「キャラメルチョコレートソース」「砂糖と抹茶」「砂糖ときなこ」「アイスとチョコレートソース」「ホイップクリーム」の作り方を紹介を紹介しました。

上記のアレンジを参考にして、自分なりのアレンジ方法を試してみるのも面白そうですね。

 
スポンサーリンク

⇒業務スーパー・タピオカの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする