清塚信也が嫁にムカついた噂の真相は?身長や子供についても!

TBSドラマ「コウノドリ」に出演&ピアノ監修で、話題沸騰中のイケメンピアニストです。

端正な顔立ちと華麗なテクニックで音楽界の「貴公子」といった雰囲気ですよね。

そんな清塚信也さんは、クラシックの裾野を広げたいと日々東奔西走し、コンサート会場でその思いを熱く語るんだそうです。

なんだかちょっと危険な香りがする清塚さんですが、ネットをみると「嫁」「ムカつい」なんて出てきます。

これってお嫁さんにムカついているってことなんでしょうか?

そして清塚さんのプロフィール、身長、子供なども気になるキーワードして挙がっていました。

今回は、「嫁」「ムカつい」「身長」「子供」やその他も天才ピアニスト清塚信也さんについてお届けしていきたいと思います。

イケメンで美人な奥様とお子さんがいらっしゃるとか?うわさになっているなれそめや俳優としての活動も!?こちらも調べてみました。

清塚信也(ピアニスト)の経歴は?

清塚信也さんは、1982年東京生まれです。

5歳でピアノを始め、7歳で桐朋学園「子供のための音楽教室」に入室されています。

1996年に全日本学生音楽コンクール・中学校の部で優勝し、2年後には東京交響楽団と共演デビューを飾りました。

その後、清塚信也さんは、第3回浜松国際ピアノアカデミー「アカデミー国際ピアノコンクール」で優勝されています。

桐朋学園女子高等学校音楽科を主席で卒業した後は、桐朋学園大学附属ソリストディプロマコースに入学して、徹底的にピアノ演奏技術に磨きをかけたそうです。

その後、名門ロシア・モスクワ音楽院で2年学ばれています。

そして2005年ショパンピアノコンクールin ASIAで優勝するなど、国内での活躍がめざましいピアニストとなられました。

コンサート活動の他、「のだめカンタービレ」のピアノ演奏吹き替えや番組音楽監修、「関ジャニの仕分け∞」での演奏にも定評があります。

幼少時代から音楽の英才教育をうけ、ピアノの腕をめきめきと上げてこられたのですね。そしてここへきて人気にも火が付いたようです。

今後も大いに活躍の幅を広げてほしいですよね。

清塚信也(ピアニスト)は俳優でデビューもしていた!

清塚信也さんは、小さい頃からピアノの英才教育を受け、数々のコンクールで優勝されています。

クラシックの世界でかなり有名で、アルバムは13枚も残しています。

クラシックピアニストだけではなく、作編曲家でもあり、その上、俳優もされています。

最近では、バラエティ番組への出演もする様になり、年を増すごとに活躍の幅を広げています。

清塚さんはその甘いマスクで、クラシック界の貴公子とも呼ばれています。確かにイケメンですよね。

俳優としても活躍されている清塚さんは、ドラマ「コウノドリ」では音楽監修以外に ライブハウスのマネージャー役で出演されています。

大ヒットしたドラマ「逃げ恥」も出演されていて、古田新太さん演じる 沼田さんの任務医役で出演するなどマルチな才能を発揮されています。

共演されている俳優さんにひけをとらないルックスで、かなりイケメンな上に、ピアノも弾けるなんて本当に多彩ですよね。

映画で共演した松山ケンイチさんや東方神起とも仲がよく、海外スターや芸能界での交友関係も広く、フレンドリーな方なんだと思います。

清塚信也(ピアニスト)の嫁とのなれそめは?

清塚信也は2012年に女優の乙黒えりさんと結婚しています。清塚信也さんと乙黒えりさんは、知人の紹介で出会いました。

乙黒えりさんは子供の頃にピアノを習った経験があり、音楽好きだったことで清塚信也さんと意気投合し、そのまま、交際に発展したそうです。

そして2012年4月に婚姻届けを提出し、6月には乙黒えりさんの妊娠を発表。同年11月に、第1子となる女の子が生まれました。

続いて2015年4月にも女の子が生まれていますので、清塚信也さんは2人の子供のパパということですね。

見た目パパには見えないし意外でしたね。

また、清塚信也さんは、日本人の父と韓国人の母の間に生まれたハーフであることが知られています。

結婚相手の乙黒えりさんもまた、タイ、英国、日本の混血。ちなみに彼女はタイ・バンコク生まれの神奈川県育ちだそうです。

ということは、清塚信也さんと乙黒えりさんの子供には4カ国の血が流れているということになりますよね。

乙黒えりさんのブログ画像を見ると、やはり清塚信也さんのお子さんたちは、日本人離れした美人とのことでした。

奥様の乙黒えりさんは「仮面ライダー」「ローン・レンジャー」などの特写系の映画や、ドラマにでていたようですね。

現在の活動の様子はというと、雑誌「Mart」に登場するほかは、子育てにいそしむ様子がAmeba blogで綴られています。

乙黒えりさんの生い立ちはタイ・バンコクで生まれ、後に2年半ほどをモロッコ・カサブランカで過ごしたいわゆる帰国子女だそうです。

日本に帰国してからは、お嬢様学校でも知られる「横浜雙葉学園」に通っていたそうです。

そんな経歴をお持ちの奥様なので、清塚さんもすぐに惹かれて恋愛に発展したのでしょうね。とてもお似合いのお二人だと思います。

清塚信也(ピアニスト)が嫁にムカついているとの噂は?

清塚さんのことを調べていくと、嫁にムカついているといううわさを見つけました。

何でこんなワードが出ているのかわかりません。

清塚信也さんと奥さんである乙黒えりさんとはとても仲が良いです。

奥さんのインスタでも、清塚さんやお子さんとの写真があって、とても仲がよさそうで素敵なお写真ばかりでした。

清塚さんと奥さんおふたりでカフェにいったりと、ムカついているなんてまったくないです。

こういったワードって、ネットではよくあることのようで、やっかみであったり、根も葉もないうわさのようでした。

天才ピアニストである清塚信也さんは、家庭でも天才的に良い旦那さんであり、お父さんのようです。

清清塚信也(ピアニスト)の子供は何人?

清塚さんと乙黒さんおふたりの間には、娘さんがおふたりいらっしゃるようです。

2人のお嬢さんは清塚さんのコンサートにもよく足を運んでいて、ひょっとしたら2人ともすごい音楽のセンスをお持ちなのかもしれません。

お写真を拝見したら、お子さんおふたりとも長いまつ毛、くりっとした瞳、その見た目はハーフ顔というのも頷けます。

お子さんは、タイ、イギリス、日本、韓国の4か国の血が流れているんですもんね。

美男美女の娘さんなんで絶対かわいいに決まっていますよね。幸せそのもののご家族といったところですね。

清塚信也(ピアニスト)の身長やプロフィール

ご存知の方もおられると思いますが、清塚信也さんは、ハーフ。

日本人の父と韓国人の母のもとに生まれました。生年月日は1982年11月13日。出身地は東京都です。

職業としては、ピアニストであり作曲家。そして俳優としてもご活躍されています

活動期間:1998年~になります。

容姿端麗、華麗なるピアニスト、素晴らしい家族にも恵まれ、現在は話題のドラマにも携わるとなれば、非の打ちどころが無いというものです。

そんな清塚さんは、実は身長が160㎝を満たない説があるようです。

清塚さんの身長体重は公表されていませんが、 身長については165㎝といううわさがネット上であがっていました。

確かに清塚信也さんの俳優デビュー作となった2013年の映画「さよならドビュッシー」を見る限り、主演の橋本愛さんと同じ背丈くらいでした。

橋本愛さんの身長は165㎝らしいので、ほぼ同じ背丈とすると清塚信也さんも165前後といったことになりますよね。意外と小柄なのでしょうかね。

一部の声ですが、清塚信也さんを実際に見た方々は、実際には160㎝前半という説もあり、

「さよならドビュッシー」ではシークレットブーツを履いていたのでは?という説も呟かれているんですね。小柄なイメージがなかったので意外でしたね。

清塚信也(ピアニスト)のまとめ

清塚信也さんは、日本人の父親と韓国人の母親の間に生まれ、日本人と韓国人のハーフだということです。

ご両親はおふたりとも音楽好きで、家の中は常にクラシック音楽がかかっていたそうです。

お母さまがとにかく清塚信也さんをピアニストにしたかったようです。

清塚さんには2つ上にお姉さんがいらして、最初はお姉さんがバイオリンを習っていたので、それについて行ったのが音楽との出会いだったとのことです。

物心がつく前からお姉さんのレッスンを間近で聴いてるうちに、いつの間にか絶対音感が養われたらしいのです。これも驚きですね。

そういった流れで5歳でピアノを始められました。それからお母さんの希望と英才学習に応えるべくピアノの腕前が進歩していき、数々のコンクールで賞をとられています。

レッスンは嫌いだったらしいですが、ピアノは呼吸をすることと同じように曲を作成することもあったらしいです。

そんな清塚信也さんのお母さまはとても教育熱心だったらしく、口癖の1つは、「ピアニストにならないなら生きてなくていい。」など厳しい教育をなさっていたようです。これは相当な熱量ですね。

このような力強い母親に不安を覚えながら、 ピアノのトレーニングを続けた幼少期だったそうです。

ここまで厳しくしないと、これだけの輝かしい経歴を手にすることは実際難しいと思われますので、清塚さんやはり幼少のころから選ばれしエリートピアニストということになりますよね。

これからも彼の活躍に期待したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする