OKストアのピザを店舗で予約する方法は?焼き上がり時間と温め方!

皆さんは、大人気のOKストアというスーパーマーケットを知っていますか?

OKストアとは、関東地方を中心に展開しているスーパーマーケットで、店内に入っているパン屋さんも安くて美味しい!と評判があり、人気なんです。

特に『ピザ』が大人気で、安くて美味しい!とリピーターが多い商品です。

聞いたところによると、ピザは、予約をしたら出来立てを持って帰れるそうです。

予約は、店舗によってできるのか、予約しなくても、焼き上がり時間が決まっているのか、お家に帰って温めて食べる場合の方法など、色々調べてみたいと思います。

OKストアとは?

OKストアとは、東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県などの関東地域を中心に展開しているスーパーマーケットです。

OKストアは、『高品質・Everyday Low Price』を元に経営しているので、徹底的にコストカットして低価格を実現できています。

そして、私たち消費者に、親切なサービスも多いスーパーなので、『スーパーに買い物に行くなら、OKストア!』というくらい、熱烈なファンが多いスーパーマーケットなんです。

人気の理由が、ホームページにも記載しているのですが、

・毎日が特売日(毎日が安いので、混雑する特売日に買い物行かなくても良い!)

・競合店対抗値下(他店より高い商品があったら、値下げしてくれるとのこと。)

・生鮮食品については、高鮮度・美味しさ・高品質で、その上で安さを訴求した商品を売っています。

そして、特に珍しいと思ったサービスが、『オネストカード』というものを提示している場合があり、

オネスト(正直)とは、例えば、

『6月21日から発泡酒が値下げになります。お急ぎでなければ、6月21日までお待ちください。』

と、このような正直な商品情報をお客様にお知らせするように心掛けております。

私たち従業員が、家族と一緒にオーケーで買い物をする時、そっと家族に教えるような商品情報は、お客様にも是非お知らせしなくては、と考えているからです。

(一部引用:https://ok-corporation.jp)

このようなカードを提示しているのがオネストカードと言います。

このオネストカードは、一番にお客様のことを考えている姿勢が伝わってきますね!

ただ安い!だけではなく、包み隠さず、正直な商品情報を届けてくれたり、『少しでもお客様のために・・』というOKストアのサービス精神がすごいため、そこに惹かれてファンになる人も多いのです。

商品を安く売るスーパーは、他にもたくさんあると思いますが、OKストアは、私たち消費者に寄り添った心遣いや、サービスも感じられる場所なので、たくさんの人に支持されるのがよくわかります。

ちなみにOKストアは、

『TBSラジオ スーパー総選挙』で3年連続1位という結果も出し続けています。

OKストアのビザが人気の秘密は?

OKストアの中に、パン屋さんがあるのですが、とても安くて美味しいと評判が良いのです。

なかでも一番の人気と言っていいほど、人気なのが『ピザ』です。

このピザが、約30cmほどの大きさで、なんとお値段が、469円で食べることができるのです。

ワンコイン以下で大きなピザを丸々食べられるってすごいですよね!宅配のピザよりも圧倒的に安く食べられることができます。

ピザの口コミを調べて見たのですが、

具の量がたくさん乗っていて大満足!』

『記事がふっくらモチモチで美味しい!』

『手作り感があるので、ホッとする味。』

『味も間違いない美味しさ』

など、高評価の口コミが多いので、期待できますね。

30cmも大きいのを買うのは・・と思う方は、ワンカットでも販売しているので、それを試してみて、

美味しかったら、大きいサイズを買ってみるのも良いですね。

OKストアのピザの種類は?

ピザは全部で8種類あります。

・手作りチェリートマトのマルゲリータピザ

・手作りスモークチーズ入りシーフードピザ

・手作りポテトツナコーンピザ

・手作りジェノベーゼソースのレモン添えチキンピザ

・手作りブルーチーズの4種のピザ

・手作りトマトのボロネーゼピザ

・手作り明太子ポテトピザ

・手作り照り焼きチキンピザ

基本は上記の8種類ですが、店舗によって、期間限定メニューなどもあります。

一番人気のピザは、『手作りチェリートマトのマルゲリータピザ』です。王道でハズレがない味ですね!

あと、パン屋さんのピザなので、生地は厚めなので、『パンピザ』に近い感じです。そのため、冷めても美味しい!これもの人気のつとつなのです。

しかし、ちゃんとピザ釜で作られていて、本格的なので、美味しいですよ!

よかったら、OKストアの店内で、ピザが作られている風景の動画がありますので、ご覧になってください。

OKストアのピザには季節限定もある!

OKストアのピザは季節限定で様々なピザが登場します。

国産ずわいがにのシーフートピザ

ウィンナーとカレーのピザ

シーフードとポテトのアイオリソースピザ

なんとシチュー味のピザも。。色々な種類を試してみたいですね。

OKストアのピザの焼き上がり時間は?

OKストアのピザの焼き上がり時間ですが、特にHPには、焼き上がり時間など記載していませんでした。

おそらく、店舗によって違うみたいですが、

平日は1日に5回、休日は6回程度のペースで焼き上がります。

初回の焼き上がり時間は大体10時〜10時30分で、そこから約1時間おき位の間隔で焼き上がります。

そして、ピザの置かれるパンコーナーには次の焼き上がり時間が表示されているので、その間、店内を回っていてもいいですね。

OKストアのピザの予約方法は?

OKストアのピザは、電話で予約をすることができます。

こちらから、お近くの店舗の電話番号を調べてください。

ちなみに、当日の15時(店舗によって16時)までに、電話予約をしてください。

それ以降は、当日の電話予約は受け付けていないので、気をつけてください。

そして、電話で下記の5点が聞かれると思いますので、覚えておきましょう。

・ピザの種類

・カット数 (4つ切り、6つ切り、8つ切りを選択できます。)

・受け取り日時

・名前

・電話番号

あと、OKストアのピザを持ち帰る際の袋は、20円の有料になるので注意しましょう。

箱のままでも持って帰ることは、十分可能だと個人的には思いますが、

他にも荷物がある場合は難しいと思います。

袋が必要な場合は、有料の袋を貰うか、袋を持参した方が良いでしょう。

OKストアのピザ持ち帰り専用のレジ袋は20円!

OKストアのピザは約30センチもあるため当然大きな箱になりますし、他の食材と一緒に一緒にエコバックに入れるという訳にはいきませんよね。

ちゃんとピザ専用の持ち帰り用の袋が用意されています。この袋にはピザが2枚まで入るのです。

1枚20円なのですが、他にも荷物がある時やお土産で持って行く時などには大変助かります。

OKストアのピザの温め方は?

OKストアのピザは、オーブントースターで温めて食べると美味しいです。

表面が焦げないように、アルミホイルをピザの上に掛けて温めるのが良いでしょう。

しかし、OKストアのピザの大きさでは、オーブントースターに入らない場合もあると思います。

その場合は、フライパンで温めましょう。フライパンで温める方法ですが、

①ピザに軽く霧吹きをする。

②冷たい状態のフライパンに油を引かずにピザを乗せる。(テフロン加工のフライパンの場合です。)

③蓋をして弱火にして、1、2分加熱してチーズが温まったら出来上がりです。

すると。下がカリカリ、上はチーズがトロけるよい感じに仕上がりますよ。

しかし、OKストアのピザは冷めていても、美味しいと好評です。

ピザは、冷めたら不味くなるイメージがありますが、OKストアのピザはどちらかというと、パン寄りのピザだからでしょうか。

冷えても美味しいので、お腹が空いて待ちきれない時は、そのまま食べても良いですね!

OKストアの口コミは?

OKストアを利用している人の、口コミを調べました。

『肉が値段の割に美味しい。安いスーパーで肉が安心して買えるのがいい。』

『この世で信頼できるのが、自分の筋肉とOKストアだけ。』

『OKストア、激安すぎる!!最高!!』

『安いのに質が良いので、OKストア以外考えられない!』

『激安なものが多いから、ボンビーにはありがたい。』

『他では、もう買い物ができない!』

(口コミは、主にTwitterから引用)

など、良い口コミばかりが目立ちました。

あと、会員カードを作った方がさらにお得に買い物できます。

OKカード

入会金・年会費が無料で作ることができるので、よくOKストアで買い物をする人は、作っておいた方がかなりお得です。

サービスカウンターで、自宅の郵便番号とカード代として、200円を支払えば、即時カードを発行して使用することができます。

カード発行に200円掛かりますが、よく買い物をする人だったらすぐに元を取ることができます。

OKストアのまとめ

OKストアについて、色々と特集しましたが、いかがでしたか。

『品質が良くて、安くて、美味しい』の3拍子が揃っているので、OKストアが近所にある人がとても羨ましいと思いました。

その中でもピザは、大人気商品で、あっという間になくなるそうなので、見つけたら即購入することをオススメします。

OKストアにまだ行ったことがない人は、ぜひ、買い物に行ってみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする