加藤シゲアキの名前変更理由に納得?本名や名言も気になる!

NEWSのメンバーである加藤シゲアキさん名前変更理由、そして本名、名言について話題が広がっています。

「NEWSニッポン」(『バレーボールワールドカップ2003』イメージソング)でCDデビューを果たしたNEWSのメンバーとして活躍中の加藤シゲアキさん。

その多才な面をいかんなく発揮し、俳優としても活動中であり、『ピンクとグレー』で小説家デビューも果たしています。

実はデビュー当時、本名で活動していました。

加藤シゲアキさんの名前変更理由、本名、そして彼の名言、プロフィールなど、話題になっていることをたっぷり調査いたしましたのでご紹介したいと思います。

加藤シゲアキのデビュー時の名前は?

加藤シゲアキさんという名前は芸名であり、デビュー当時は他の名前で活動されていました

その、デビュー当時に活動していた名前は「加藤成亮」さんになります。

読み方が「かとうしげあき」さんとお読むとのことですが、「成亮」で「しげあき」と読める人ってなかなかいないですよね。

ちょっと驚きました。デビューのその時期も同じように、読み方に戸惑う方が多くおられたようですね。

加藤シゲアキの本名は?

加藤シゲアキさんデビュー当時は「加藤成亮」さんとして活動していたということですが、どうやらこちらが本名だそうです。

デビューしたころ本名そのままで活動されていたそうですが、「成」を「しげ」と読むというのが読める方が少なく、間違われることが多かったのではないかと言われています。

確かに、何とお読みしてよいか迷いますね。名前を覚えてもらうという場面では不利であったのかもしれませんよね。

加藤シゲアキが名前を変更した時期は?

加藤シゲアキさんの芸名改名日はいつなのでしょうか?

所属のジャニーズ事務所から彼が小説家デビューすることが発表される際に、同時にこの日から「加藤シゲアキ」に改名したとの記事を発見しました

ジャニーズ事務所から小説家としてデビューしたのは彼が初めてだったということです。

改名したことについて、

「NEWSがこうなったタイミングで心機一転、読まれやすい名前にしたいなと。小説もたくさんの方に読んでいただきたいですし。自分で決めました」

と明かしたそうです。

この改名を発表した日は2011年11月23日でした。小説家として処女作「ピンクとグレー」を発表する日に合わせての改名だったのですね。

加藤シゲアキはなぜ片仮名表記?

加藤シゲアキさんは漢字表記だと名前を正しく読んでもらえないため、改名することを決意したそうです。

「成」を「シゲ」と読ませるのは昔からあるようですが、やはり正確に読める人はなかなかいなかったようです

加藤シゲアキさんは改名を発表する際ファンクラブ宛てにメールを送付し、

「このタイミングでNEWSと共に新しいスタートを切りたい」

と思い、カタカナ表記にすることでたくさんの方に親しんでもらいたいという思いを込めているそうです。

コンセプトとしては、同じジャニーズ事務所所属の佐藤アツヒロさんと同じでしょうか。

そういう意味では心機一転、新しいスタートということで時期的にも良い決断でしたね。

改名をして成功した有名人は?

改名した有名人の方案外たくさんいらっしゃるようですね。

例えば歌手の五木ひろしさんは、最初は松山まさるという芸名でしたが、五木ひろしに変えたところ一気にブレイクしました。

芸人では「バカルディ」が「さまぁ~ず」へ

「海砂利水魚」が「くりぃむしちゅー」に改名してそれぞれブレイクしていますね。

そして女優では故・樹木希林さんが悠木千帆という当初の芸名を競売にかけ、樹木希林に改名して話題になりました。

それぞれが名前には愛着があり、ご本人たちの思い入れがあると思いますが、改名によって良い方向へ進むことになった方々も多いようですね。

加藤シゲアキが作家デビュー!

加藤シゲアキさんは1999年からジャニーズ事務所に入所し、2003年にNEWSのメンバーとしてデビューしました。

アイドル活動と並行して大学を卒業後、2011年に『ピンクとグレー』で小説家デビューを果たします。

彼の作品は、ドラマや映画化されているものもあり、若者の中から支持を得ています。

NEWS加藤シゲアキではなく、作家としての彼の作風もとても評価されています。

そして作家としてデビューして9年目になる際のインタビューで

社長(ジャニーさん)は、僕を芸能の世界に呼んでくれた人なので、芸能で返そうという気持ちはありました。事務所のなかでは小説を書いているのは僕だけなので、書くことが一つの恩返しになるのではないかと思います。」

と語られています。彼のこれからの作品もとても楽しみですよね。

加藤シゲアキの名言が話題に!

加藤シゲアキさんの名言が話題を呼んでいます。

例えば、

「勉強しておいたほうがいいよ。実際は使わなくても、その勉強のアプローチが世の中に生きるから

一人でも僕を応援してくれる人がいれば、僕はその人のためにNEWSの加藤シゲアキを続けていきます。」

「とにかく何事にも一生懸命に向かうこと」

と、シンプルながらファンの心に響く名言を残しています。

そして、

「イチゴのないショートケーキって言われたけど、スポンジケーキうめぇから!最高のスポンジケーキと、最高の生クリームになってやろう。」

こちらは、ご本人の所属するグループであるNEWSが6人体制から現在の4人体制になったときに、周りから比喩して言われた心無い言葉に対して発信した言葉とされています。

その悔しさから、このような状況からのリスタートでかなり努力をされてこられたのではないでしょうか。

彼らは逆境を武器にして、さらにチームワークを増して前進していますよね。

加藤シゲアキのプロフィール

ここで加藤シゲアキさんのプロフィールをご紹介したいと思います。

名前:加藤シゲアキ (かとうしげあき)

本名:加藤成亮  (かとうしげあき)

生年月日:1987年7月11日

年齢:31歳

出身地:大阪府出生地は広島市)

身長:175cm

血液型:A型

中学:青山学院中等部

高校:青山学院高等部

大学:青山学院大学法学部

職業:アイドル、タレント、歌手、俳優、小説家

1987年広島県広島市で生まれその後大阪、神奈川で過ごしていたそうです。

1999年小学6年生の時にジャニーズ事務所のオーディションに合格し、『怖い日曜日 友達のJ君』でドラマデビューを果たしています。

そして小説家として活動では、『ピンクとグレー』、『閃光スクランブル』、『Burn. -バーン-』それぞれ高い評価を得て幅広く活動されています。

改めて、とても優秀で多才な方ですよね。人気があるものうなずけます。

加藤シゲアキのまとめ

加藤シゲアキさんの魅力についてたっぷりとご紹介いたしました。

高学歴でイケメン、多才な魅力を持つ彼に今後も注目ですね。

紆余曲折のあった彼らのグループであるNEWSはもちろん、彼個人の活動も応援していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする