彩凪翔の年齢や本名は?実家や出身校も気になる!

宝塚92期生の彩凪翔さんについてのご紹介を致します。

宝塚歌劇団雪組所属男役として活躍されており、主な作品は初主演であった

「灼熱の彼方に コモドウス編 」や

「るろうに剣心」など。

他にも数々の作品に出演されている雪組を代表するスターです。

美形の端正な顔立ちと、凛とした雰囲気…世の女性たちを虜にしている彩凪翔さん。

そんな彩凪翔さんの年齢や本名、実家や出身校などについてまとめてみました。

是非楽しんで見ていってください!

彩凪翔の年齢は?

年齢は非公開だったのですが、高校へは進学しておらず、中学卒業後2004年に宝塚歌劇団へ入学されているので、1989年生まれだと思われます。

そうしますと、1989年6月2日生まれの現在30歳との推測です。

彩凪翔の本名は?

本名は、『岡田綾香(おかだ あやか)』さんです。

同期の方やファンの方からは、「あやか」や「綾香ちゃん」などと本名で呼ばれています。

芸名でなく、本名で呼ばれていることを考えると、皆から愛されていることがわかりますね。

彩凪翔の実家はどこにある?

彩凪翔さんの出身は、大阪府大阪市です。

中学校は大阪市立八阪中学校に通われていたので、福島区あたりにご実家があると思われます。

ご両親については、一般の方のため情報がありませんが、

彩凪翔さんが「宝塚に入りたい」と言ったことで、ご両親は歌の教室や話し方教室など色々なお稽古を習わせ、夢を応援してくれたそうです。

彩凪翔の出身校は?

大阪市立八阪中学校出身です。

出身の小学校についての情報はありませんでしたが、小学4年生の頃からバレエを習っていたとの情報を見つけました。

その頃から、人前で表現をすることに興味があったようですね。

彩凪翔が初めて見た宝塚は何?

彩凪翔さんは、13歳で初めて宝塚を観たとのこと。

その時観劇したのが2002年、元月組トップ男役・紫吹 淳(しぶきじゅん)さん主演で上演された「長い春の果てに」「With A Song in my Heart」だったのです。

それをきっかけに宝塚への入団を決意されたんだそうです。

僅か13歳にして大きな決断をした彩凪翔さん。そして翔さんの決断を後押ししたご両親にとっても大きな決断であったことは確かでしょう。

そして子供が夢を叶えていく姿はとても誇らしかったのではないでしょうか。

彩凪翔の同期は誰?

彩凪翔さんは92期生で、その時の同期が48名いるのですが、主な同期の方をご紹介します。

真風涼帆:宙組トップスター

鳳月杏:月組男役

蘭乃はな:元花組トップ娘役(2014年退団)

煌月爽矢:元月組男役(2016年退団)

天咲千華:元花組娘役(2011年退団)

透水さらさ:元雪組娘役(2015年退団)

すみれ乃麗:元宙組娘役(2014年退団)

彩凪翔の主な経歴は?

2004年:宝塚音楽学校入学。

2006年:宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は17番。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、雪組に配属。

2011年:バウ・ワークショップ「灼熱の彼方〜コモドゥス編〜」でバウホール公演初主演。

2011年:音月桂・舞羽美海トップコンビ大劇場お披露目となる「仮面の男」で、新人公演初主演。

2012年:「ドン・カルロス」で2度目の新人公演主演。

2013年:「春雷」でバウホール公演単独初主演を果たす。

2017年11月‐2018年2月:『ひかりふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』マノン・ロラン夫人

2018年3月‐4月:『誠の群像 -新選組流亡記-/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』(全国ツアー)勝海舟

2018年6月‐9月:『凱旋門 -エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』ヴェーベル

2018年11月‐2019年2月:『ファントム』フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵/アラン・ショレ(朝美絢と役替わり)

2019年5月:『壬生義士伝/Music Revolution!』土方歳三

彩凪翔のお茶会は関西弁?

彩凪翔さんは、メディアに出ている時などはきれいな標準語を話されていますが、出身が大阪なだけあって、プライベートでは関西弁な彩凪翔さん。

実は、お茶会でも関西弁なんだそうです!

※お茶会とは、『タカラジェンヌ』のファンクラブ主催で行うファンとタカラジェンヌの交流会のことです。

お茶会に参加されたファンの方からは、

「喋る口調は柔らかい関西弁」

「関西弁ってこんなにイケメン言語だったんか!?と震えるくらい、凪様の関西弁ヤバイ」

などとのコメントがありました!

普段はなかなか聞くことのできない彩凪翔さんの関西弁…気になりませんか!?

そしてファンサービスも凄いらしいんです…!ファンの方はもうメロメロなようです♪
容姿も心も話し方もイケメンなんですね!

彩凪翔のプライベートは?

彩凪翔さんは、個人でインスタやツイッターをやられている様子はなく、あまりプライベートを公にされていないようです。

お茶会などで話されていた数少ないプライベート情報を集めました!

まず、好きな食べ物はアイスクリーム。

好きな食べ物を聞かれてすぐに「アイスクリーム」が出てくるなんて、余程好きなんですね!意外な甘党という事実!

イケメンとのギャップにキュンとしますね☆

また、料理もされるそうです!アボカドが好きなようで、アボカドを使ったグラタン料理などを作られているそうです。

ただ、時間のかかる料理は苦手なようで、ハンバーグなどは作らないそうです。

そして、同期とも時々旅行へ行かれるそうで、香川へ行った時のお話しがありました。

うどんを食べて、旅館で沢山お喋りして…バスまで時間あるからと、「金比羅山登っとこか。」と軽いノリで行ったら、凄い暑さでしんどかったとのこと。

男役さんたちはブーツだからまだよかったものの、娘役さんは、ピンヒールだったそうで…!!ある意味思い出深い旅行となったようです(笑)

彩凪翔のまとめ

以上、宝塚雪組男役スターの彩凪翔さんのご紹介でした。どうでしょう、魅力が伝わりましたか?

夢のあるお仕事柄なためか、プライベート情報は少なかったのですが、そこがまたミステリアスでより魅力的ではありませんか。

それでは、簡単にまとめます。

・1989年6月2日生まれの、年齢は現在30歳。
・本名は、岡田綾香(おかだ あやか)さん。
・出身は大阪市大阪府。実家は恐らく福島区あたりだと思われます。
・出身中学校は、大阪市立八阪中学校。小学校については不明。
・初めて観た宝塚は、2002年、元月組トップ男役・紫吹 淳(しぶきじゅん)さん主演で上演された「長い春の果てに」「With A Song in my Heart」。当時彩凪翔さんは13歳。

・92期生の主な同期…

真風涼帆:宙組トップスター
鳳月杏:月組男役
蘭乃はな:元花組トップ娘役(2014年退団)
煌月爽矢:元月組男役(2016年退団)
天咲千華:元花組娘役(2011年退団)
透水さらさ:元雪組娘役(2015年退団)
すみれ乃麗:元宙組娘役(2014年退団)
・主な経歴…
2004年:宝塚音楽学校入学。
2006年:宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は17番。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、雪組に配属。
2011年:バウ・ワークショップ「灼熱の彼方〜コモドゥス編〜」でバウホール公演初主演。
2011年:、音月桂・舞羽美海トップコンビ大劇場お披露目となる「仮面の男」で、新人公演初主演。
2012年:「ドン・カルロス」で2度目の新人公演主演。
2013年:「春雷」でバウホール公演単独初主演を果たす。
2018年3月‐4月:『誠の群像 -新選組流亡記-/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』(全国ツアー)勝海舟
2019年5月:『壬生義士伝/Music Revolution!』土方歳三
・お茶会では、大阪出身なだけあって関西弁を話されます。
・アイスが好き!料理をされるそうでアボカドを使った料理をよく作られるそう。そして同期とは旅行にも行かれるほど仲良し。

30歳となり、より大人な魅力が増した彩凪翔さん。

後輩が増えていく中で、まだまだ人気は劣らずいつまでも素敵ですね。今後は今まで以上に、より大人な役柄が増えていくのではないでしょうか。

また少し違った彩凪翔さんを見れるのも楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする