Eve(歌い手)の読み方は?新曲やアルバムをチェックしてみた!



歌い手のEveさんをご存じですか?名前の読み方や新曲やアルバムが気になります。そんなEveさんの読み方や新曲やアルバム、人気トップ8動画を集めました!Eveさん方はが気になる方はこちらをご覧ください!

スポンサーリンク

Eveさんは、10代から20代の若者に絶大な支持を得ている歌い手です。

元はニコニコ動画で歌い手として活動していたのですが、現在ではアルバムを何枚もリリースしたりアパレルブランドの運営をするなど、幅広い活躍を見せています。

YouTubeにアップロードしている楽曲の中には、再生数が1000万を超えるものもあり、登録者数も100万人を超えています。

しかし名前や曲は知っていても、「Eveさん自身についての情報はあまり知らない」「名前の読み方は?」という人もまだ多いでしょう。

そんな大人気の歌い手・Eveさんに関する情報をまとめてみました。

Eve(歌い手)のプロフィールは?

名前:Eve(読み方は「いぶ」)
誕生日:5月23日(生年は不明)
職業:シンガーソングライター・デザイナー
性別:男性
血液型:A型
星座:双子座
年齢・身長:非公開

備考
・2009年10月にニコニコ動画に投稿を開始
・2012年から翌年までバンド「einie」で活動
・2014年にミニアルバム「Wonder Word」、2016年には「OFFICIAL NUMBER」をリリースする
・2016年からはボカロPとしても活動し始める
・2019年には新曲「闇夜」が、アニメ「どろろ」の2クール目のEDに決定した
・「ドラマツルギー(3199万回)」「お気に召すまま(2700万回)」「ナンセンス文学(2060万回)」など、YouTubeにアップロードしている動画は非常に高い再生数となっている
・YouTubeに投稿している全動画の再生数は2億9千万8百回を超えており、登録者数は100万人以上を突破した

Eveさんは、ミステリアスな雰囲気を持った人気の歌い手です。

ニコニコ動画でコミュニティを作ってから約6ヶ月後に、初めて「TRAGIC BOY 歌ってみた」の動画を投稿しています。

作詞作曲もしており、ファッションデザイナーとしても活躍しています。

2016年10月19日に発売した「OFFICIAL NUMBER」というアルバムで、初めてオリジナルの曲を手がけました。

これまでにアルバムは5枚リリースされています。

YouTubeには1000万以上再生されるMVが8つもあり、他の動画もかなり再生されています。

そうした新曲のMVも素晴らしいですが、デビューした頃の過去の動画もおすすめです。

現在の洗練された曲よりも初々しい感じがして、最新の曲とは違った良さがあります。

好きな食べ物はブロッコリーで、嫌いな食べ物はカリフラワーだといいます。

また、猫アレルギーを持っているにも関わらず、ネコをペットにしているみたいです(笑)。

生年・年齢・身長は公開されていません。

そういった個人情報は、ネット上に出さない方針のようです。

Eveさんに対して「お酒飲めますね」と言っているツイートがあり、動画をアップロードし始めた時期も含めて推測すると、年齢は27前後と思われます。

誕生日については、5月23日に「誕生日を迎えました」とツイートしています。

Eveさんの身長は、168cmのSouさんと並んだ画像から推察できます。

画像ではSouさんよりも少し高く見えるので、170cm前後で間違いありません。

Eve(歌い手)の読み方は?

Eveの読み方は「いぶ」です。

「エヴァ」や「エヴェ」と呼ぶ人もいますが、この読み方は間違いです。

そういう間違いをする人が多いようで、本人がツイッターで「いぶ」ですと答えています。

ファンの間では「Eveくん」と呼ばれています。

Eve(歌い手)はイケメン?

Eveさんの素顔が写る画像は公開されていません。

ツイッターやインスタなどに投稿された自撮り画像は、顔が分からないようにされています。

そうした顔がぼやかされた画像からは、小さくてカッコイイ顔が想像できます。

また、デザイナーとして活躍しているだけあって、ファッションや髪型が洗練されています。

ネット上では隠していく方針のようですが、ライブでは素顔を見せているようです。

実際に見た人の感想では、「中性的で可愛い顔」とのことでした。

鼻筋が整っており、優しい感じの顔、ややつり目だと語る人もいます。

穏和な性格と同じで、優しい雰囲気のイケメンっぽいですね。

「どうしても顔を見たい」という人はイベントやライブに行くといいでしょう。

スポンサーリンク

Eve(歌い手)はデザイナーもしている?

新曲の売り上げや再生数も絶好調なEveさんは、デザイナーとしても活躍しています。

音楽活動で大変な成功を収めている上に、全く違う業界でも人気を集めているとは恐れ入りますね。

Eveさんは「はらぺこ商店」というアパレルブランドを運営しており、取り扱っている服はユニセックスで体型を選ばない「ゆるさ」が特徴です。

原宿などに期間限定で、「はらぺこ商店」のショップがオープンされる事があります。

オープンが告知されると、店舗に長い行列ができるほど人気です。

興味を持った方は公式サイトやツイッターで確認してみましょう。

時期や地域的に店舗にいけないという人は、オンラインショップもあるので是非一度アクセスしてみて下さい。

こちらは、雑貨販売になります。ショップの検索窓に「はらぺこ商店」と入力するとキーホルダーが紹介されています。

はらぺこ商店グッズはこちらから

Eve(歌い手)にバンドを組んでいた過去が?

Eveさんは、2012年から2013年まで「einie(アイニー)」というバンドに所属していました。

このバンドでは、ギターボーカルで作詞と作曲をしていたそうです。

作詞・作曲家・音楽家の夏代孝明さんも参加していました。

現在「einie」は活動休止中です。

公式ページには、ニシカワさんが病気療養をしているので活動を休止すると書いてあります。

ニシカワさんが全快すれば、また活動を再開するかもしれませんね。

2014年には「Riot of Color」というユニットにも参加しています。

「Riot of Color」のメンバーEveさん以外も全員歌い手で、「kradnessさん」「yurinさん」「KKさん」「SINさん」「夏代孝明さん」が参加しています。

Eve(歌い手)の最新のアルバムや新曲は?

2019年2月4日に発売された「おとぎ」というアルバムが最新アルバムになり、新曲も含まれています!「おとぎ」には既に公開されている「アウトサイダー」「トーキョーゲットー」「アンビインスト」の他、インスト2曲を含む全11曲が収録されています。

【CD】
01. slumber
02.トーキョーゲットー
03. アウトサイダー
04. 迷い子
05. やどりぎ
06. アンビバレント
07. 楓
08. ラストダンス
09. 僕らまだアンダーグラウンド
10. 君に世界
11. dawn

【DVD】
・アウトサイダー
・トーキョーゲットー
・アンビバレント
・ラストダンス

 アルバム全体は、1曲目に「slumber」(=まどろみ)を、最終曲に「dawn」(=夜明け)を置くことで、まるで一夜の夢に没入し、目を覚ますまでの過程を描くような構成になっており、序盤は「トーキョーゲットー」や「アウトサイダー」といった『文化』からの流れを汲むシングル群を連発。そして4曲目「迷い子」辺りから徐々に新たな表情を見せはじめ、終盤の「僕らまだアンダーグラウンド」や「君に世界」の頃には、『文化』以降の広がりを経験した今の彼ならではの楽曲が顔を出す。音楽的にも『文化』以上にバリエーション豊かな要素が取り入れられ、ロック、ポップ、DTMシーンの最先端、いつになく穏やかなバラードなど、振り幅が広がっているのが特徴だ。同時に、これまでは自身の内面をただ見つめているようだった歌詞は、彼の周囲の人々やリスナーの存在も思わせるものに変化している。中でも、一気に楽曲のスケールが広がり〈最終章の合図だ〉と高らかに告げるリード曲「僕らまだアンダーグラウンド」の終盤や、続く「君に世界」での豊かな表現力は、前作のリード曲になった「ドラマツルギー」や「ナンセンス文学」のMVではモノクロを基調にしていた彼の世界に鮮やかな色が生まれていくような雰囲気で、まるでこれまでの歩みをすべて抱えながら、新たな場所へと飛び出していく瞬間の晴れやかな表情が伝わってくるようだ。

引用:https://realsound.jp

引用:

Eve(歌い手)の人気動画はコレ!

YouTubeに投稿している動画の視聴回数は、1000万を超えるものが8つもあります。

中でも「ドラマツルギー(3199万回)」は3000万回を超えるという、とんでもない再生数になっています。

再生数が示すとおり最も人気の曲です。

ドラマツルギー

2000万超えの動画は2つあり、「お気に召すまま(2700万回)」と「ナンセンス文学(2060万回)」です。

ナンセンス文学はインストを無料で配布したため、多くの人がカバーしています。

その事がきっかけとなり、Eveさんを知る人が一気に増えました。

お気に召すまま

ナンセンス文学

1000万超えは5つで、「トーキョーゲットー(1650万)」、「ラストダンス(1100万)」、「あの娘のシークレット(1740万)」、「雨とペトラ/バルーン(1050万)」、「メーベル/バルーン(1230万)」です。

トーキョーゲットー

ラストダンス

あの娘のシークレット

雨とペトラ/バルーン

メーベル/バルーン

他にも100万以上再生されている動画が多くあり、新曲のMVも評価されています。

MVは、短編のアニメのような映像が特徴です。

そうした映像と頭の中でリフレインするような楽曲が合わさって、何度も繰り返し再生したくなる動画になっています。

※2019年5月上旬時点での再生回数です。

Eve(歌い手)のまとめ

今回は、Eveさんの基本的な情報や活躍、読み方、経歴について見てきました。

音楽活動で大きな成功を納めながら、人気アパレルブランドを運営しているとは驚きですね。

米津玄師さんもそうですが、ニコニコ動画で活躍していた歌い手さん達は、マルチな才能を持っている人が多いと思います。

Youtubeの再生数も尋常ではなく、1000万再生されている動画が8本もあり、登録者は100万人を超えています。

また、新曲やアルバムの売れ行きも好調なようです。

ネット上には顔出しもしていないので、ミステリアスな印象の人物だと思いました。

そうした部分も人を引き付けているのかもしれません。

最後までお読みいただき有り難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする