瀧川鯉斗の落語は真打昇格でも下手?元総長だった昔や結婚について!

イケメン落語家・真打に昇格する瀧川鯉斗さんをご存知ですか?元総長だった昔や結婚、落語が下手との噂もあります。そんな瀧川鯉斗さんの落語が下手でも真打昇格や総長、結婚、昔の真を探って見ました。

瀧川鯉斗(落語家)とは?

「瀧川鯉斗 彼女」の画像検索結果

イケメン落語家の呼び声高い瀧川鯉斗さんについて、見ていきたいと思います。

落語家である瀧川鯉斗さんは、1984年生まれの愛知県出身です。この愛知県出身と言うのは、瀧川鯉斗さんが公表しているだけで、実際は東京都出身です。

どういうことかと言うと、東京都で生まれましたがお父様の仕事の都合で北海道に3歳の時に引っ越し、愛知県に移ったのが小学校3年生の時なのですが、グダグダと説明するのが面倒だということで、愛知県の出身と言うことにしています。

瀧川鯉斗と言う名は芸名であり、本名は小口直也さんと言います。

公益社団法人落語芸術協会に所属していて、階級は二ツ目で真打手前となっています。

ちなみに、二ツ目は仕打ちの手前であることはお伝えしましたが、落語家には序列と言うものが存在していて、見習いから始まり前座となり、瀧川鯉斗さんの階級である二ツ目があり、最後に真打があります。

瀧川鯉斗さんは、二ツ目と言うことで下手と言うわけでは無く、寄席を行えば名前が出るようになります。

また、弟子を持つためには真打になる必要がありますので、今まで以上に落語の成長が必要になってくるでしょう。

では、瀧川鯉斗さんが落語の世界に入ることになったのは、どういうきっかけだったのでしょうか。

当時アルバイトをしていた飲食店で、師匠である瀧川鯉昇さんの独演会が開催されたことがきっかけで、落語に魅了されたのか、その日の打ち上げの場で弟子入りを志願しました。

論、簡単には弟子入りを認められるわけもなく、交渉に交渉を重ねてやっと入門することになります。

瀧川鯉斗(落語家)のプロフィール

「瀧川鯉斗」の画像検索結果

瀧川鯉斗さんが瀧川鯉登さんに弟子入りすることが決まり、2005年の21歳の時に前座を初めて務め、2009年に二ツ目に昇進をします。

二ツ目になったということは、残すは真打のみで2019年に昇進が決まっています。

昔は落語家と言うとどこか地味なイメージですが、昔のイメージを覆した瀧川鯉斗さんは落語家には珍しく抜群のルックスでイケメンです。

また、昔からスポーツ万能であり、夏には野球で冬にはサッカー部に所属するという掛け持ちをしながら、学校外ではクラブチームに入部しているなど、抜群のスポーツセンスの持ち主です。

また、中学校時代には愛知県代表の監督からサッカーのスカウトをされるなど、想像以上のスポーツセンスです。ちなみに、背が高かったことからキーパーを任されていました。

そんな順風満帆な中学校生活でしたが、次第に素行が悪くなっていきます。

そのきっかけとなったのが、バイクに興味を示し始めたあたりから人生が狂っていき、サッカー推薦での高校進学も夢と消え、瀧川鯉斗さん自身初の挫折と言う壁にぶち当たりました。

そうこうして時が過ぎ、役者を目指して上京してきたのですが、簡単には役者として生計を立てることは厳しく、新宿でアルバイトをしているときに、アルバイト先の店長が過去に所属していた縁で、ワタナベプロダクションから誘われました。

瀧川鯉斗(落語家)は結婚してる?彼女や元カノは誰?

瀧川鯉斗さんは、イケメン落語家として活動していますが、結婚はしているのでしょうか。

イケメン落語家と言う新境地を開拓した瀧川鯉斗さんですが、独身である可能性は高いでしょう。

イケメンだけにモテないことは無いですので、彼女を選定しているのでは無いでしょうか。

そんな結婚していない瀧川鯉斗さんの彼女や昔付き合っていた元カノは一体どういう方なのでしょうか。

瀧川鯉斗さんの彼女として噂されているのが、美人の救急外科医の「かな」さんですが、残念ながら画像を公表されていませんでした。

また、2019年には「ラストキス」に出演しているため、彼女がいない可能性も大いにあるでしょう。

なぜなら、「ラストキス」は気に入るとキスをすることになるため、彼女がいた場合良い気持ちはしないでしょうから、彼女がいないのでは無いでしょうか。

「瀧川鯉斗 総長 ...」の画像検索結果
ラストキスではゆきぽよさんと和服姿でデートをされていました。

瀧川鯉斗さんの元カノとして噂されているのが、同業種である女性落語家の春風亭ぴっかりさんですが、こちらも残念ながら公表されていませんでしたので、真相は闇の中です。

ちなみに、瀧川鯉斗さんはコミュニケーションをうまくとることが出来たり、気が合ったりする人が好みと言うことです。

また、優しさも重要ですが優しさだけではなく、多少の気の強さも必要で、割合としては優しさが8割程度あることが理想と言うことで、まだまだ結婚は遠い未来では無いでしょうか。

それだけで無く、外見にもこだわりがあるようで、小動物的な雰囲気の人が良いとのことで、益々婚期は遠ざかること間違い無しです。

瀧川鯉斗(落語家)元総長だった?

瀧川鯉斗さんと言えば、昔に元総長だったと噂されていますが、真相を見ていきましょう。

瀧川鯉斗さんは、バイクに興味を示したあたりから素行が悪くなりましたが、その時が中学校2年生の時で、何と暴走族に入っていたというから驚きです。

「瀧川鯉斗」の画像検索結果

また、暴走族に入るだけでなく、総長にまで上り詰めているため、驚きは二重です。

それでも、成績が悪くても親に説得されて、何とか高校に進学することになりましたが、瀧川鯉斗さんが高校に通ったのはたった1日しかありません。

なぜなら、瀧川鯉斗さんの次期総長は決まっていたため、初登校に合わせた先輩たちが待ち構えていて、その数200人を超えていました。

そこで、喧嘩が勃発して退学となり、結果的には高校に通ったのが1日のみと言うことです。

ただ、300人を束ねる総長をやっていたため、高校推薦を取り消されるなどの屈辱を味わっています。

その後、18歳頃まで暴走族に入っていましたが、役者になるため上京を決意したため、暴走族を辞めたのでしょう。

瀧川鯉斗(落語家)真打昇格と実力は?

「瀧川鯉斗」の画像検索結果

瀧川鯉斗さんの実力が気になるところですが、噂によると下手だという情報が飛び込んできましたので、真相を見ていきましょう。

瀧川鯉斗さんの落語に対して落語ファンは、「落語が下手」「大学の落研以上に下手」などと言ったように、ファンの目からしたら、まだまだだということでしょう。

しかしながら、真打になるためには下手と言われているようではダメですので、実力で下手と言われている人たちを見返す力は十分にあるでしょうから、これから実力をつけて真打になるのは時間の問題でしょう。

瀧川鯉斗(落語家)のまとめ

「瀧川鯉斗」の画像検索結果

イケメン落語家である瀧川鯉斗さんは、アルバイトをしていた先でふと見た落語を見たことで興味を示すことになり、師匠に頼み込んで何とか了承を得て、晴れて瀧川鯉登さんに弟子入りすることが決まりました。

その後は活躍していて、弟子を持つことができる真打も見える位置に来ました。
それでも、落語ファンからするとまだまだのようで、「下手」と言われることもしばしばで、まだまだ学ぶことが数多くあるのでは無いでしょうか。

イケメン落語家と言う肩書がついているため、結婚の情報や彼女の情報について気になりますが、現在は結婚をしていなければ彼女がいない可能性もあります。

それだけ今は落語に力を注いでいるということでしょう。

そんな瀧川鯉斗さんを語る上で忘れちゃならないのが、暴走族に入っていた過去があり、総長まで上り詰めているなど人は見かけによりません。

それでも、今は更生をしていて、落語に専念していることが伝わってきますので、これからどんどん名前が売れてくること間違い無いでしょうから、今後に期待です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする