天飛華音(あまとかのん)の評判は?本名・年齢や出身校についても!

宝塚の名前は読み方がわかりにくいですが、その中でもひと際、目立つ天飛華音(あまとかのん)さんの評判や本名・年齢や出身校が気になりますね。そんな天飛華音の評判や本名・年齢や出身校について調べてみました。

天飛華音のプロフィールと本名は?

「天飛華音」の画像検索結果

天飛華音さんは、2014年に宝塚音楽学校に入学していますが、そもそも名前を読める人はいるのかと思うくらい、読みにくいと評判ですが、「あまとかのん」と読みます。

そんな天飛華音さんは、鹿児島県の出身で、出身校は吉野中学校です。

趣味は、舞台鑑賞や美味しい食べ物を食べることで、食べ物で好き

なものは唐揚げや甘い物と言ったようにごくごく普通です。

また、アクセサリーや美容グッズを集めているなど、女性らしい一面もあります。

宝塚音楽学校での同期には、舞空瞳さんや水乃ゆりさんなどがいます。

2016年には、宝塚歌劇団に入団し、入団した時は2番という成績でした。入団後は、星組公演で初舞台を踏み、配属されています。

星組に配属後は、毎年コンスタントに公演に出演していて、2019年の「GOD OF STARS-食聖-」で初主演を務めるまでに成長を遂げています。

着実に成長を遂げている天飛華音さんですので、本名が気になるところです。

本名の前にまず、天飛華音という芸名の由来を見ていきましょう。

「天飛」は、天に飛ぶ、「華音」は、華やかな音という意味で、ご家族が丹精込めて考えました。

芸名の由来は分かりましたが、本名については公表されていませんでしたので、残念ながら分かりませんでした。

本名が分からない分、気になる存在になること間違い無いでしょう。

また、本名同様に気になるのが天飛華音さんの年齢ですが、残念ながら2月9日生まれであることは分かりましたが、何年生まれかは公表されていませんでしたので、年齢は分かりませんでした。

本名も年齢も非公表ということで、ベールに包まれた存在のため、益々気になります。

ちなみに、天飛華音さんは「NON」や「ぷっく」と呼ばれていますが、本名と深い関りがあります。

なぜなら、「NON」は芸名からつけられていますが、「ぷっく」は本名からつけられているようです。

ここに天飛華音さんの本名のヒントが隠されているとは思いますが、さすがにこれだけではヒントが少ないため、天飛華音さんの本名はやはり分かりません。

宝塚は夢を売る商売であり、本名や年齢が公表されていないような、謎があった方が良いのでは無いでしょうか。

天飛華音さんは本名や年齢は公表されていませんでしたが、同期の舞空瞳さんは本名だけでなく年齢などが公表されていますので、同じ同期でもこれだけ公表している情報が違うことに驚きです。

それでも、天飛華音さんさんのように公表していなくても、舞空瞳のように公表していても、魅力的な女性であることは間違い無いでしょう。

天飛華音の来歴は?

「天飛華音」の画像検索結果

先ほども天飛華音さんが毎年コンスタントに出演していることは分かりましたが、より具体的に見ていきたいと思います。

天飛華音さんは、

●2016年の初舞台「こうもり/THE ENTERTANER!」を皮切りに「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL/ロマンス!!」に

●2017年には、「THE SCARLET PIMPERNEL」「阿弖流為-ATERUI-」「ベルリン、我が愛/Bouqduet de TAKARAZUKA」にそれぞれ出演しています。

●また、2018年には、「ドクトル・ジバゴ」「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge」に、2019年には「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~」に出演しています。

また、これだけの実績を踏まえて、

●2019年7月にとうとう「GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant」で新人公演初主演を果たします。

ちなみに、天飛華音さんは、102期生として2人目の主演を勝ち取ることになりました。

天飛華音の評判が気になる!

「天飛華音」の画像検索結果

天飛華音さんは、入団時から二番目の成績だったことで、周囲の期待は自ずと上がる一方でしたが、果たして評判はどうだったのでしょうか。

新人公演である「ANOTHER WORLD」では、礼真琴さん役に選ばれるなど、要注目です。

また、役柄を演じることが仕事で、天飛華音さんは、礼真琴さんの歌声とそっくりですので、かなりの努力をしたことは間違い無いでしょう。

このような評判が徐々にではありますが、実を結んできます。

それだけでは無く、天飛華音さんの歌声が蘭寿とむさんとそっくりだと評判になっています。

蘭寿トムさんと言えば、元花組のスターということもあり、天飛華音さんにとっては雲の上の存在のような方ですので、内心喜んでいるのでは無いでしょうか。

ちなみに、歌が上手いと評判の天飛華音さんですので、貴重の存在だといえるでしょう。

天飛華音の同期は?

「天飛華音 102期」の画像検索結果

2014年に宝塚音楽学校第102期生として入学した天飛華音さんには、どのような同期がいるのか見ていきましょう。

そもそも、宝塚音楽学校がスパルタで厳しいと評判ですが、2年をかけて演劇や日本舞踊など、様々な教養を身に着けるとともに憧れの舞台を目指します。

2016年3月には、第102期生として39名が宝塚音楽学校を卒業し、次のステップである宝塚の舞台へ階段を駆け上り始めました。

ちなみに、天飛華音さんと同じ102期生の入試倍率は約27倍と、歌劇100周年ということもあり、高倍率となりました。

また、入団時の成績で天飛華音さんは2位で、首席に輝いたのは舞空瞳さんでした。

入団時に1位と2位を争った天飛華音さんと舞空瞳さんには、他の同期以上に深い縁があります。

なぜなら、天飛華音さんが初主演を務めた舞台でヒロインを務めたのが、何を隠そう同期である舞空瞳さんだったのです。

これからも同期で切磋琢磨して成長していくこと間違い無いでしょう。

天飛華音の今後は?

「天飛華音」の画像検索結果

天飛華音さんは、宝塚を背負って立つ存在になることは間違い無いでしょうし、今後の成長に期待しかありません。

そんな天飛華音さんですが、2019年も星組での公演が「GOD OF STSRS-食聖-」「Éclair Brillant(エクレールブリアン)」のように控えています。

また、公演も詳細に決まっていますので、確認しておきましょう。

宝塚大劇場では、2019年7月12日の金曜日から8月19日の月曜日まで、東京宝塚劇場では9月6日の金曜日から10月13日の日曜日までの日程となっていますので、是非天飛華音さんを目に焼き付けましょう。

天飛華音のまとめ

「天飛華音」の画像検索結果

天飛華音さんは、2014年に宝塚音楽学校に入学し、2016年には宝塚歌劇団の102期生で入団しています。

また、宝塚歌劇団入団時の成績は2番目ということで、将来有望です。

そんな天飛華音さんの本名や年齢について調べてみましたが、舞空瞳さんは同じ同期で公表していますが、残念ながら天飛華音さんが公表しているのを見つけることが出来ませんでしたので、公表していないということでしょう。

しかしながら、出身地が鹿児島県で、出身校が吉野中学校ということは公表されていました。

このように、プライベートの情報は必要最低限に抑えていることが分かります。

プライベートの情報は分かりましたが、肝心の宝塚での評判は上々で、新人公演で演じた礼真琴さん役を卒なく演じています。

また、天飛華音さんは、役を演じた礼真琴さんの歌声とそっくりと評判になっていますので、かなりの努力をしたことが伝わってきます。

それだけでは無く、天飛華音さんの歌声は蘭寿とむさんともそっくりだと評判になっています。

天飛華音さんにとってはどちらも大先輩であり、比べられること自体光栄なことでしょうし、それに加えてそっくりだと言われているので、想像もできない位の喜びであることは間違い無いでしょう。

天飛華音さんは、歌の上手さの評判が非常に高いのですが、宝塚の中ではあまりいない貴重な存在ですので、これからも活躍すること間違いないので、期待です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする