真彩希帆は元男役志望?歌唱力や私服ブランド・年齢や実家を調査!

歌唱力の実力が光る娘役の真彩希帆さんですが、実は男役志望だったことをご存じですか?年齢や実家、おしゃれな私服も気になりますね。そんな真彩希帆さんの男役志望の真相や、年齢、実家、私服ブランドについて調べてみました!

真彩希帆の年齢とプロフィール

「真彩希帆」の画像検索結果

引用:mainichi.jp

真彩希帆さんと言えば、宝塚歌劇団の雪組の中でもトップの娘役として活躍中です。

そんな真彩希帆さんの年齢やプロフィールについて、見ていきましょう。

真彩希帆さんについて見ていく前に、そもそも見るからに難しそうな名前ですが、「まあやきほ」さんと言います。

真彩希帆さんの年齢についてですが、誕生日が7月7日だということは公表されていますが、生まれ年については公表されていませんでした。

しかしながら、真彩希帆さんの生まれ年を導くヒントがいくつかありますので、ヒントを手掛かりに年齢を導き出してみましょう。

真彩希帆さんは小さい頃から、地元埼玉県からミュージカル劇団に所属していて、小学校4年生のときに「スサノオ/タカラヅカ・グローリー」を初観劇し、そのとき2004年でした。

真彩希帆さんが宝塚音楽学校に入学したのが2010年で、宝塚歌劇団に入団したのが2012年でした。

また、宝塚音楽学校に合格したのは2回目の受験の時で、最初に受験したのは中学卒業のタイミングでした。

これらのヒントから導き出された真彩希帆さんの生年月日は1994年7月7日ということで、2019年8月現在の年齢は25歳ということになります。

真彩希帆さんの本名は「松浦奈津子」で、5人姉妹の4番目として生まれます。

姉妹が多いため、「自分の意見は主張しないと通らない」ということを学んだとか。

「人懐こさや物おじしない性格となった」とも語っています。

ちなみに、真彩希帆さんの芸名には様々な思いが込められていて、お世話になった人から「真」、真実を彩るから「彩」、希望の帆を掲げる「希」と「帆」で、真彩希帆という芸名が付けられました。

真彩希帆の実家はどこ?

真彩希帆さんの年齢が分かったところで、次は実家について見ていきましょう。

真彩希帆さんは埼玉県出身であることから、実家があるのは埼玉県だと言うことになり、家族が多いことから自分の意見をはっきりと示す必要がありました。

そんな実家で育った真彩希帆さんですので、どんな人とでも物怖じしない理由なのでは無いでしょうか。

ちなみに、実家があるのは埼玉県の蕨市で、真彩希帆さんは蕨市のPR大使として2018年に就任しています。

真彩希帆は男役志望だった?

真彩希帆さんは小学校4年生の時、既に宝塚歌劇団に入団することが目標となっていて、その中でも男役に憧れていたため、男役志望だったと言われています。

そんな真彩希帆さんは、二回目で合格を果たしていますが、一回目に不合格となった理由は身長が足らなかったことです。

なぜなら、一回目の受験の時には男役志望だったため、身長が足りなかったというのです。

身長が足りないということで、二回目の受験は娘役を志望し髪を伸ばして挑んだ結果、見事合格します。

娘役で受験すると決めてからは、伸ばした髪にカチューシャをつけて女性らしさをいつも意識してしていたそうです。

カチューシャといえば、子供がつけるイメージがありますよね。大きく成長した女子がいつもカチューシャをつけていたので周りの人は違和感を感じたようで、「カチューシャちゃん」と笑われることもあったようです。

元々志望していた男役に身長が足りないのであれば、娘役として一緒に舞台に立つことを選んだ真彩希帆さんの気持ちの切り替えとあきらめない努力は素晴らしいと思いました。

宝塚にいることに幸せを感じていたため、敢えて男役の夢を捨てた「男気」も感じます。

また、受験では歌の先生のアドバイスを受け、自作の紙芝居を持参したり、試験官の前で独自の振り付けで歌って踊ったりなどの猛アタックとアピールをしました。

5人兄妹の中で育ち、培ってきたものが役に立ちましたね。

真彩希帆の主な作品は?

真彩希帆さんの出演作品について、見ていきましょう。

真彩希帆さんの初舞台は、2012年4月で、宙組の「華やかなりし日/クライマックス-Cry-Max-」です。

その後、組周りとして2012年6月には月組の「ロミオとジュリエット」、11月には星組の「宝塚ジャポニズム」と舞台経験を踏みます。

2013年からは花組として、

・2013年6月:フォーエバー・ガーシュイン-五線譜に描く夢-
・2013年8月:愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-/Mr.Swing!
・2014年2月:ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛/TAKARAZUKA∞夢眩
・2014年6月:ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-
・2014年8月:エリザベート-愛と死の輪舞

に出演をし、2015年からは星組として、

・2015年2月:黒豹の如く-DearDIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き
・2015年6月:キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
・2015年8月:ガイズ&ドールズ
・2016年1月:鈴蘭-思い出の淵から見えるものは
・2016年3月:こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!
・2016年7月:歌声をひとつに…One Voice
・2016年8月:桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-/ロマンス‼
・2017年1月:燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-

に出演をし、2017年4月からは雪組として、

「幕末太陽傳/DramaticS!」に出演をしています。

そして、2017年8月からは雪組のトップ娘役として、

・2017年8月:琥珀色の雨にぬれて
・2017年11月:ひかりふる路から革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER !-希望の海へ-
・2018年3月:誠の群像-新選組流亡記-/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-
・2018年6月:凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小セルによる
・2018年11月:ファントム
・2019年3月:20世紀号に乗って
・2019年5月:壬生義士伝/Music Revolution!

に出演しています。
また、今後の予定としては、2019年10月に「はばたけ黄金の翼よ」、2020年1月に「ONCE UPON A TIME AMERICA」が控えています。

真彩希帆は歌が上手い?

真彩希帆さんと言えば、歌が上手いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

2012年の3月に宝塚歌劇団に入団し、翌年の2月にはソロでの機会を得ることになります。

その背景には真彩希帆さんの歌唱力を買われたことに他なりません。

また、その真彩希帆さんの歌唱力はファンにも知られていることで、ファンからも評価は非常に高いのです。

ちなみに、雪組として出演した「幕末太陽傳」で、エトワールを務めている真彩希帆さんですが、エトワールは歌唱力が無いと選ばれませんので、それだけの歌唱力があるということです。

真彩希帆の今後の活躍は?

真彩希帆さんはトップの娘役として活躍していますが、これは真彩希帆さんの98期の中で初めてのことです。

しかしながら、娘役で活躍している現在の中では、決して大抜擢されたわけでなく、実力で勝ち取ったというよりは努力で勝ち取ったという表現の方が正しいでしょう。

また、真彩希帆とトップの望海風斗さんとのコンビは、「希望コンビ」と呼ばれ、世の中に希望を分けています。

そして、先ほどもお伝えしましたが、「はばたけ黄金の翼よ」や「ONCE UPON A TIME AMERICA」が控えていますので、今後も活躍が期待されています。

ポスター

真彩希帆は雪組トップ娘役に就任してから痩せた?

真彩希帆さんは2017年に雪組トップに就任してから、ファンから「痩せた?」との声がチラホラ聞こえるようになりました。

真彩希帆さんは少しふっくらしていた時期もあったので、痩せたことに気付かれやすかったようです。

宝塚の舞台は、本番に向かって稽古中に歌って踊り、本番も連日の公演でカロリーの消費も激しいです。

さらにトップ娘役となると出番も多くなります。

テニスプレイヤーくらいはあるのでしょうか?食べていても自然と痩せてしまうと思われます。

体を大事にして、頑張ってほしいですね。

真彩希帆の私服も可愛い!

真彩希帆さんに限らず、宝塚に入団している人と言えば、私服や来ているブランドが想像できないことが多いように感じます。

しかしながら、真彩希帆さんの私服が可愛いと噂になっていますので、真相を見ていきましょう。
真彩希帆さんの私服の画像を見ると、ピンクのワンピースだったり、ダーク系のタンクトップにハットを被ったりと、非常に可愛らしい私服でいることが分かります。

また、肌の白い真彩希帆さんですので、白系の私服を着ると透き通る素肌で、より綺麗さが際立ちます。

このように、真彩希帆さんの私服が可愛いという噂は、間違いありません。

ちなみに、真彩希帆さんの可愛い私服はどこのブランドなのでしょうか。

真彩希帆さんが着用しているブランドは、「WILLSELECTION」や「franche lippee」や「Longchamp」と言ったように世間一般のOLさんなどが着用しているブランドですので、ファンからしても身に着けやすいブランドといったところでは無いでしょうか。

真彩希帆のまとめ

真彩希帆さんは、1994年7月7日ということが分かり、5人姉妹であることも分かりました。
また、実家は埼玉県の蕨市で、PR大使としても活動しています。

何と、元々男役志望だったことも分かりましたが、身長が足りなかったことから娘役を志し、夢を叶えました。

デビューから様々な作品に出演し、歌唱力が抜群であることも分かりましたので、今後の活躍は期待しかありません。

そして、何と言っても私服が可愛く、ファンでも手に取りやすいブランドですので、すぐに真彩希帆さんになれます。

そんな真彩希帆さんの活躍から、目が離せません。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする