マルコス(釣り名人へ道)とは何者?すっぴんや年齢も気になる!

釣りガールとして人気の女性が増えています。今回は2020年1月2日に放送の

「ハンターガール~世界の“狩女(カリジョ)”に密着!~」

に出演のマルコスさんについて紹介していきたいと思います。

マルコスさんの主な活動内容は、全国の都道府県でバス釣り、海外での怪魚を釣るという、まさに怪魚ハンターなのです。

彼女は一体何者?そして、すっぴん、年齢などが気になるキーワードとして挙げられていました。

2019年6月にはブラジルで開催された「グレートアマゾンワールドフィッシングラリー」という釣りの国際大会に日本代表の一人として出場して見事5位入賞をして

「アマゾンクィーンアワード」を受賞しています。そんなマルコスさんの年齢、すっぴん、彼女は一体何者なのか?などたっぷりご紹介したいと思います。

マルコスとは何者?

怪魚ハンターとして各地を飛び回っているマルコスさん。

一見ただのギャルかと思いきや、これまで数々の怪魚を釣りあげてきた怪魚ハンターなのです。

彼女が出演された番組では、「ヒマラヤにすむ神の魚」と称されれているゴールデンマハシールを狙いにいきました。

このゴールデンマハシールは淡水魚の中で最も巨大と言われており、その大きさは最大で体長280センチ、重さは55キロほどあるのです。

インドとネパールの国境沿いにあるカリ川とサリュウ川に生息している淡水魚だそうです。

ゴールデンマハシールが釣れるベストシーズンは3月から6月中旬ごろまでと、9月下旬から10月中旬ごろと言われてます。

そのためこのベストシーズン中にこちらの番組の撮影がされていたのではないかと思われます。

そんなマルコスさん、海外への資金はクラウドファンディングで集めているそうです。

海外へ1人で行くだけでも不安なのに、とんでもない怪魚を釣り上げに行くマルコスさんのパワフルさと行動力には驚かされますよね。

マルコスの本名は?

マルコスさんの本名について調べてみました。

本名は「大井かな(おおいかな)」さんとおっしゃるようですね。

ご出身は大阪府泉佐野市。かなさんというお名前とのこと。とても可愛らしいですね。

ちなみに簡単なプロフィールより、身長は158cm、体重は45Kgであるようです。

趣味・特技は、釣りそして音楽鑑賞だそうですよ。音楽はどんなジャンルをお聞きになるのか気になるところですね。

マルコスの年齢は?

マルコスさんの生年月日は1991年8月11日であることが判明しました。

現在の年齢は28歳だそうです。(2020年7月現在) 見た目はもっとお若くみえるかもしれませんね。

まだまだお若いので、これからの活躍も期待されています。

マルコスのすっぴんも話題に!

マルコスさんといえば、いつもバッチリメイクをされていますが、すっぴんはどのようなお顔なのか気になりますよね。こちらも話題になっていました。

マルコスさんのすっぴん画像を調査してみたところ、Twitterにすっぴん姿を投稿されていました。

その画像を見ると、少しわかりづらいですが、メイクをしている時よりほんわか柔らかい印象になるようです。

さらにツイキャスでは、すっぴんで登場されている動画もアップされていました。動画のほうが、すっぴんのマルコスさんの雰囲気がわかりやすいかもしれません。

そして、ちなみにご自分のすっぴんについて「コブダイと似ている」とおっしゃられていました。お茶目でかわいらしいですよね。

マルコスの実家はパン屋さん?

マルコスさんはTwitterやインスタなどで頻繁に「今日はパン屋にいる!」「パン屋いるから遊び着て!」などと投稿しておられました。

いろいろと調べてみると、マルコスさんのご実家は「パンのみみ 熊取町」というパン屋さんを経営していて、そこで怪魚ハントの傍ら、アルバイトをしているようなのです。

マルコスさんが出勤する時はTwitterで事前に告知されているので、生で会いたい方はフォローしておいた方がいいかと思います。

そしてさらに調査を続けてみると、こちらのお店では、店頭販売以外にも幼稚園などに配達もされているそうです。

アルバイト中の様子はツイキャスでご覧いただけるので、興味がある方はぜひどうぞご覧になってみてくださいね。

そしてそのお店は、マルコスさんのお母様が経営しているようです。

これらの調査からマルコスさんは実家であるパンのみみでアルバイトをしながら、アマチュア釣り師として活動されているという調査結果になりました。

マルコスの前職はバンドのボーカルだった?

怪魚ハンターとして国内のみならず、海外にまで飛んで活動されているマルコスさんですが、怪魚ハンターになられる以前はアパレルの会社員として働いていました。

しかし、そちらの会社が倒産してしまうという過去があるそうです。

その後、以前の会社社長の提案で「koelu」というバンドグループでボーカルをされていたことが判明しました。(※ホッピーというお名前で活動)

そしてそのバンド活動中になんと、ノイローゼになってしまい、グループ脱退後に時間潰しに釣りを始めたのが今のマルコスさんの原点となっているとのことでした。

いつも動画では明るいマルコスさんですが、その明るさの裏には大変な時期もあったということなのですね。

ですが釣りを始めてからわずか2年で初代アマゾンクイーン賞を獲得したり、多くのファンの方ができたりと、釣りとの出会いはまさに運命と言っても過言ではありません。

マルコスさんが釣りをしている姿は、とても輝いていますよね。

マルコスの彼氏や結婚は?

そんなマルコスさんの彼氏、そして今後の結婚についても調べてみましたが、情報がでてきませでした。

怪魚ハンターとしても活動が忙しくなってきていて、恋愛や結婚を考える時間もないのかもしれませんね。

でもお年頃でかわいらしいまるこすさんですから、今後情報が出てくるかもしれません。

「マルコス(釣り名人へ道)とは何者?すっぴんや年齢も気になる!」まとめ

「怪魚ハンター」マルコスさん。濃い目のギャルメイクの見た目からは想像できない世界屈指の怪魚ハンターで、その実力は世界大会の日本代表に選ばれるほどだんたのですね。

見たことのない大きな魚を自分の手で釣り上げたときの快感がたまらないのだという、その腕前は確かな彼女はパワフルに世界を飛びまわっています。

そんな怪魚ハントにとりつかれた彼女が、今まで一人で釣り上げてきたのは、大型肉食魚・アリゲーターガーや2mを超すホワイトスタージョンなど20種類以上だそううですよ。

目標は100種類だとおっしゃっているそうです。

2017年7月にバスプロを目指し、47都道府県のブラックバスを釣るというのが初挑戦した企画と思われます。

そして釣り歴わずか2年目となる2019年にはアマゾンで開催されたGreat Amazon World Fishing Rallyの日本代表として出場し、初代Amazon Queen Awardを受賞されているそうです。

同じくグレートアマゾンワールドフィッシングラリーに日本代表として出場した並木敏成さん、秦拓馬さんはお二人ともプロアングラーなのですが、マルコスさんはアマチュアということで、すごいですよね。

そして、釣り具メーカーなどのスポンサーがついてるかどうかも調査してみたのですが、こちらに関してはわかりませんでした。

しかし地上波での放送でTwitterやYouTubeチャンネルのフォロワー、登録者が増えて注目度が上がれば今後いろんなスポンサーから声がかかるかもしれないですね。

今後の彼女の活躍に期待したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする