すしざんまいの社長に病気の噂?年収や海賊壊滅の真実が知りたい!



ケンタッキーのカーネルおじさんと同じく、店舗で出迎えてくれるすしざんまいの社長はとても有名!そんな社長の年収や、海賊、病気などのワードが話題に。年収、海賊、病気の真相は・・・

すしざんまいは、ご存じの通り有名寿司チェーン店です。

マグロを3億以上で落札した事が広く報道されましたし、社長の木村清さんもよくテレビ出演していますから、良いイメージを持っている人も多いと思います。

「ソマリア海賊を更正させ、周辺地域での略奪をなくした」という逸話も有名ですね。

しかし、「木村社長が病気を患っているのでは?」と噂されているのをご存じでしょうか?

ソマリア海賊の武勇伝にも疑問を呈する人もいます。

年収なども気になるところです。

そこで今回はそうした噂や疑問と、すしざんまいの社長についての基本的な情報を調べてみました。

スポンサーリンク

すしざんまいとは?

すしざんまいとは築地にある有名寿司チェーン店です。

日本全国に店舗を展開し、喜代村の年商は120億を超えます。

年始に最高級のマグロをお金に糸目を付けずに落札したり、社長自らがマグロの解体のパフォーマンスをしているので、そうしたニュースを見た事がある人も多いでしょう。

社長自身が出演しているテレビのコマーシャルも一度は見たことがあると思います。

人の良さそうな社長が両手を広げているポーズは有名ですね。

木村社長はマグロの質に並々ならぬこだわりがあり、インタビューで「九十八点を超えるマグロしか寿司に使わない」と言っています。

2~300万のマグロを競り落としても、切り分けてみたら状態が悪かったという事も間々あるそうです。

そうした出費を考えると、すしざんまいが如何に品質にこだわっているかが分かりますね。

他のお店では刺身で出すレベルのマグロも、自分たちが作った基準を下回っていれば、焼き魚・煮魚・佃煮などにし廃棄はしないようです。

品質にこだわるだけでなく、食材を大事にする姿勢は素晴らしいですね。

誤解している人も多いですが、すしざんまいは株式会社喜代村が運営する店舗の屋号なんです。

ですから、すしざんまいの社長ではなく、株式会社喜代村の社長というのが正確な役職となります。

また少し前に、小林加奈さん(仮名)が「新人研修でセクハラがあった」と告白し報道されまいました。

ネット上では「セクハラざんまい」とも揶揄されていますね。

上記の企業努力に泥を塗る大変残念な不祥事です。

ただしセクハラをしたのは課長であって、社長とは関係ない事が判明しています。

当然批判されるべき事ですが、誤った情報を拡散しないようにしましょう。

すしざんまいの社長のプロフィールは?

木村清社長は1952年4月19日生まれで、中央大学法学部を卒業しています。

身長はテレビ出演時の画像から推測するに、150cm代かと思われます。

体重は判明していませんが、同じ身長の男性よりもかなり太っているのは確かです。

テレビで見かける度に恰幅がよくなっていきますので、少し病気が心配ですね。

木村社長は小さな子供の頃から聡明で、ピアノを嗜んでいました。

しかし、歌を歌うのは全然だめだったといいます。

韓国出身なのではないかという噂もありますが、出身地は千葉県野田市ですから韓国人ではありません。

他に、親が韓国人であるなどの情報も一切ないため、この話は完全に誤った情報です。

中学卒業後に航空自衛隊に入りパイロットを目指していましたが、目を患ったため除隊。

それから法学部に入学し司法試験を受けようとしていた時に、数ヶ月バイトをした後で辞めるつもりだった新洋商社に入社する事になります。

新洋商社に何年か勤めたあと退職し、株式会社喜代村の前身である木村商店を起こしました。

レンタルビデオ店や弁当屋などの業種を経営しましたが、バブルが崩壊したため経営が成り立たなくなります。

全事業を精算した後に残った僅かな資金で、寿司店を開いたという事です。

そして2001年に前職で培った人脈を活かし、すしざんまいを開店しました。

テレビ番組で見るような波瀾万丈な人生ですね。

今の好調な業績は、そうして苦労した時代があればこそなのかもしれません。

スポンサーリンク

すしざんまいの社長の家族構成は?

木村社長は結婚していて奥さんと息子がいます。

長男が喜代村の専務を務めていて、親子で力を合わせて会社を支えているみたいです。

奥さんや息子さんとのエピソードは、残念ながらよく分かりませんでした。

ただ木村社長は母親をすごく大事にしていて、母に美味しいマグロを食べさせるために、競りでは手を抜かないらしいです。

きっと、奥さんや息子さんに対しても愛情を持って接しているのでしょう。

子供に会社を継がせるか否かについても気になりますね。

すしざんまいの社長が病気?

ネット上で「木村社長が病気なのでは」という噂が流れています。

木村社長がテレビ出演などをする度に、ツイッターなどのSNSで大勢の人が病気ではないかと疑い、健康を気遣う発言をします。

「糖尿病ではないか」とか「高血圧だろう」と言う人もいますね。

しかし、病気を患っているという根拠をいくら調べてみても、その情報源にたどり着けません。

木村社長の恰幅がいいため出てきた憶測である可能性が高いです。

最近では木村社長を見て、心配になるくらい太っているという人も増えていますし、そういった印象から出てきた噂なのでしょう。

66歳と高齢ですし小柄であの太り方ですから、そういった噂が出てくるのは仕方ないきもします。

ですが、病気である事を一切公表していないだけで、実際に何か病気を患っている可能性はあります。

実際のところは分かりませんが、持病を持ってもおかしくない年齢なので、健康には気を付けてほしいですね。

すしざんまいの社長の年収は?

木村社長は毎年初競で大金をかけてマグロを落とし、大きな話題になりましたね。

3億以上も出しているというのは話題づくりだと思いますが、会社の業績が好調だからこそ出せる金額でしょう。

喜代村の年商は120億を優に超えていますから、社長の年収は1億前後あるのではと予想する人もいます。

正確な年収は分かりませんが、かなり稼いでいる事は間違いありませんね。

すしざんまいの社長が海賊退治?

ネット上で「すしざんまいの社長が海賊撲滅した」という情報が広がっていますね。

これについて木村社長は、「たしかに我が社は(中略)ジブチ共和国とのビジネスに力を注いでいます」と答えています。

そして、自衛隊や他国の軍隊が治安維持に務めるのは素晴らしい事だが、いくらケチらしても貧困問題を解決しなければまた海賊に戻るだけ、とも言っています。

しかし、軍隊の治安維持を否定している訳ではなく、それに加えて民間人が暮らしを作るために尽力して、初めて海賊はいなくなる、と考えているようです。

木村社長は漁業指導や漁船の提供などの様々な支援をしてきて、その功績が認められジブチ共和国から勲章を授与されました。

ですが、すしざんまいの貢献に疑問を持つ人もおり、ノンフィクション作家の高野秀行さんは、すしざんまいが海賊を壊滅させた訳ではないと考えています。

船舶が武装した護衛を雇うようになり、自衛隊や他国の軍隊が治安維持を行うようになった事が、被害が減少した主な理由だといいます。

実際、上記の理由で2012年に海賊被害は激減しており、その年に木村社長がソマリアを訪問しているんです。

少なくとも1年間に300件あった海賊被害が、木村社長達のおかげで0になった、というのは誤情報でしょう。

すしざんまいが現地の人達を雇って海賊対策に貢献しているのは間違いないが、ネット上に溢れている武勇伝は話を盛りすぎている、というのが正確なところのようです。

すしざんまいの社長のまとめ

今回は、「年収」「海賊退治の真相」「プロフィール」「家族構成」「病気」について調べてみました。

「木村社長は病気なのでは?」という噂に、確たる根拠はありませんでした。

実際に病気をしているか否かは分かりませんが、健康には気を付けてほしいですね。

海賊退治については、話が盛られすぎているようです。

年収は不明ですが、相当高いと思われます。

スポンサーリンク
v

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする