彩海せら(宝塚)の本名・年齢は?同期102期もすごかった!

102期生の男役の中で今最も注目されている彩海せらさん。

彩海せらさんは、宝塚雪組所属の男役です。

可愛らしい容姿と下級生とは思えないしっかりとした歌声、観客を魅了する演技力で今後が期待されています。

今回は、彩海せらさんの本名、年齢、宝塚に入ったきっかけ、同期や来歴など詳しく見ていきたいと思います。

彩海せらのプロフィール

名前:彩海せら(あやみ せら)

「彩海せら」の画像検索結果

誕生日:12月2日
出身地:鹿児島県鹿児島市
出身校:鹿児島女子高校
身長:169cm
血液型:A型
所属:雪組
愛称:あみ

彩海せらの本名・年齢は?

「彩海せら」の画像検索結果

彩海せらさんの本名は、「濱平亜美」です。「はまひらあみ」と呼ぶのでしょうか。

“彩海せら”という名前は、芸名で恩師に知恵をもらって家族で決めたそうです。

“彩海”は「彩る海」という意味です。

誕生日は、12月2日ということは分かっていますが、何年生まれか公表されていないため年齢が分かりません。

彩海せらさんは、2014年に宝塚音楽学校に入学しています。

そして、鹿児島女子高校との情報があり、高校を3年間通った場合、憶測ではありますが、1995年生まれの2019年現在時点で24歳である可能性が高いです。

彩海せらが宝塚に入ったきっかけは?

彩海せらさんはミュージカルが好きで、小学校1年生の時からミュージカルスクールに通っていたそうです。

通っていたスクールは、彩海せらさんの出身地・鹿児島市にある「マリアミュージカルアカデミー」です。

歌やダンス、お芝居のレッスンに毎日励んでいたのではないでしょうか。

元雪組トップ音月桂主演の「JIN-仁」をDVDで鑑賞以来、日本物にも憧れていたとインタビューで答えていました。

彩海せらさんは、舞台に立つことが大好きで将来大人になっても舞台に立ちたいと思ってミュージカルスクールに通っていたそうです。

その時、ミュージカルスクールの先生から公演を見に行くことを勧められ、全国ツアーで公演に来ていた雪組を観劇し、感銘を受けました。

DVDでも見るようになったようです。そして、中学2年生の時に本格的にレッスンを始め、宝塚を目指し始めたのです。

彩海せらの来歴は?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

●彩海せらさんは、2014年に宝塚音楽学校に入学しました。

27倍の倍率を突破し入学。

●2016年に宝塚音楽学校を卒業し、102期生として宝塚歌劇団に入団しました。

入団時の次席は39人中7番目の成績で入団。

●初舞台は2016年星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」です。

●初舞台後の同年4月5日に、彩海せらさんは雪組に配属になりました。

●配属後すぐの「私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」新人公演では、1期上で早くも若手スターと注目されている縣 千(あがた せん)さん演じるトレバー役を務めました。

●2017年には、バウホール公演にて上演された「New Wave!-雪-」に出演しました。

近年各組の若手が選出される、その公演に入団2年目として選ばれました。彩海せらさんが実力のある期待の若手であることが分かります。

●「New Wave!-雪-」では、彩海せらさんが鹿児島弁で自己紹介をする場面があり、しっかりと自己紹介をしました。

下級生にとっては、バウなどの公演は出演者が少ないので自分をアピールするチャンスがある公演になっています。

●2017年の「幕末太陽傳/Dramatic”S”!」では、新人公演で倉造息子清七(本役・永久輝せあ)に抜擢されました。

●2018年に上演された全国ツアー公演「誠の群像-新選組流亡記-/SUPER VOYAGER!-希望の海-」では、雪組の102期生で唯一キャスト入りをしました。

この公演では、鹿児島弁を活かすことができました。このショーでは、トップスター望海風斗(のぞみふうと)さんとのプロローグ場面があり、彩海せらさんの見せ場がたっぷりだったようです。

望海風斗さんは、下級生からすると”雲の上の存在”と言われているトップスターです。

●2018年6月の宝塚大劇場公演「凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!〜ガード・ボニート、美しい猫のような男〜」の新人公演では雪組の三番手スター朝美絢さんの役に大抜擢されました。

●そして2019年「壬生義士伝/Music Revolution!」で新人公演初の主演を務めました。

その他にも、新人公演では縣 千さんや永久輝 せあさんの役を演じるなど数々の公演に出演しています。

彩海せらの同期は誰?

102期生の主な同期には、舞空瞳さん(星組娘役)、蘭世惠翔さん(月組男役)、潤花さん(雪組娘役)、天飛華音さん(星組男役)、水乃ゆりさん(星組娘役)がいます。その他、咲城けいさん、花宮沙羅さん、湖風珀さん、風色日向さん、紅咲梨乃さん、菜々野ありさん、天愛るりあさん、一星慧さん、三空凛花さん、柊木絢斗さん、真友月れあさん、一禾あおさん、都優奈さん、侑輝大弥さん、有栖妃華さん、奏碧 タケルさん、太凰旬さん、南音あきらさん、大楠てらさん、鈴美梛なつ紀さん、凰海るのさん、春乃さくらさん、涼花美雨さん、琥白れいらさん、陽雪アリスさん、夢風咲也花さん、稀羽りんとさん、理央ひかるさん、澄華あまねさん、桜月のあさん、鳳真斗愛さん、輝ゆうさん、摩耶裕さんがいます。

彩海せらのこれからは?

彩海せらさんは男役としては小柄な身長169cmですが、可愛いらしいビジュアルと安定した歌唱力、素晴らしい演技力、安定感があり今後最も活躍が期待される若手男役です。

「壬生義士伝」では、新人公演初主演に抜擢されました。第102期生の中ではトップを切っての初センターです。

伸びやかで安定した歌唱力と丁寧な演技は、本公演ぐらいレベルが高かったと観客を魅了しました。

新人公演で主演を経験するということは、劇団からの期待の表れでもあります。

1年目から新人公演では役が付き順調にステップアップをしています。

新人公演で縣 千さんや永久輝 せあさんの役を演じるというだけでも、彩海せらさんは若手期待のホープと注目されていることが分かります。

実力も言うことなし、ビジュアルも兼ね備え期待されている彩海せらさんの活躍には目が離せません。

彩海せらのまとめ

彩海せらさんは2019年5月~9月に公演されるの「壬生義士伝/Music Revolution!」新人公演で主演に大抜擢され今ますます注目を集めている若手男役です。

最近の宝塚男役は170cm越えの方が多い中、169cmと小柄な彩海せらさん。

その小柄な体型と美人で可愛らしいビジュアルに、人気が急上昇しています。

ファンからは「あみちゃん」と呼ばれ親しまれています。

入団当初から成績が優秀で、歌、ダンス、お芝居の実力が高く、早くから注目されていた彩海せらさん。これから、どのような男役として成長していくのかとても楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする