千秋が再婚で妊娠中?旦那の中島啓介は15歳年下!

千秋さんが再婚をして妊娠中との噂?旦那は中島啓介?千秋さんは本当に再婚で妊娠したのか、中島啓介とは一体どんな人物なのか、また社長と噂される父親や娘の名前、子供服ブランドのリボンキャスケットなど気になることをチェックしてみました!

千秋の再婚相手はエリート社員だった!馴れ初めは?

千秋さんは2016年3月22日にマスコミ各社にFAXにて、一般男性との再婚の報告をされました。その突然の発表、そしてお相手は何と15歳も年下だったことから、さらに世間を驚かせる結果となったようです。

公表後の間もない3月25日の「ノンストップ!」(フジテレビ系)に千秋さんは生出演されています。

「ゲームとかやる30人くらいのグループがあって、(彼とは)そこの友達でした」

共通のゲームという趣味から恋愛に発展されたということですね!

お相手の方は一般男性男性と公表されましたがTBS社員の方でした。一体どんな部署に就かれているのでしょうか・・・

調べたところ、なんと高学歴でイケメンのエリート社員だったことがわかりました!

こちらが千秋さんの再婚相手の画像となります。

千秋さんの再婚相手のお名前は中島啓介(なかじまけいすけ)さんといい、福岡県久留米市出身です。出身高校は新御三家と言われる(駒場東邦、巣鴨、海城)難関大学進学率の高い私立中高一貫校の駒場東邦高校に進学されました。

高校卒業後は慶應義塾大学総合政策学部に入学し2009年に卒業しています。しかし大学在籍中に制作に興味のあった中島啓介さんは「何かを作り出したい」と両親に学費を借りて「広告批評」の運営する広告学校という専門学校にも大学と同時進行で通っていたそうです。

ここまででもすでに優秀な方だとわかりますが、社会に出てからの活躍がさらに凄いのです。

広告代理店に就職を希望していましたが、選考で落ちてしまい最終的にTBSに入社されたそうです。

運命の巡りあわせで、これが千秋さんとの出会いと繋がり数々の受賞へと繋がります。

あの時、広告代理店に入社しなくて良かったな・・と中島啓介さんは思っているかもしれません。結果オーライですね。あなたもそのような経験がありませんか?

TBSに入社後は、バラエティ番組のADから始まりました。中島啓介さんは当時のことを「3年間の地獄のAD時代」と語っています。社内の中でも一番過酷と言われている部署だそうです。

石の上にも3年と言いますが、ADのその先を見据えて下積み時代を頑張っていたのでしょう。

その後、2012年に「次世代ビジネス企画室」へと移動となります。若い世代に楽しいこと、好きなこと、新しいことにチャレンジさせてくれそうな、ワクワクしてくる部署名ですね。

ここで中島啓介さんは自身が参加したイベント「リアル脱出ゲーム」を大変気に入り、これを番組にしたら面白いのではないかと「リアル脱出ゲームTV」を手掛けました。

リアル脱出ゲームとは、チームでとある密室で制限時間内に謎を解き部屋から脱出するというゲームです。

イベントとネット、テレビを繋げた「リアル脱出ゲームTV」はソーシャルメディアとの連携で新しい取り組みを見せたデレビ番組を表彰する

◎「ソーシャル・デレビ・アワード2013」特別賞を受賞

2014年には、グランプリは逃したものの

◎「国際エミー賞デジタルプロブラム部門」最終ノミネート4作品に選出

されています。その他にも、中島さんが手掛けた視聴者参加型恋愛マッチング番組「マッチングラブ」は

◎「ABU賞エンターテイメント部門」奨励賞を受賞

その他にも「ジンロリアン~人狼~」という視聴者参加型のが心理ゲームも企画されています。

中島啓介さんの提案する企画は、どれもリアリティを求めているように感じます。私は用意周到に芸人仲間を操り、引っかけてはその反応を楽しんでいる(笑)ロンドンブーツの田村淳さんの顔が浮かんできたのですが・・・

リアルな反応を求めているという点で、おふたりは共通していると思いませんか?

いつか中島啓介さんと田村淳さんの共同企画番組を見てみたいですね。

奇跡のアラフォーウェディングドレス姿!

千秋さんは2016年9月12日にアメリカのセドナ州で初めての結婚式を挙げました。

 引用:千秋公式ブログより

翌日の9月13日にはラスベガスでのウェディング姿を披露しています。

引用:千秋公式ブログより

どちらもフォトジェニックな絵になる千秋さんらしいキュートな写真です。

千秋とココリコ遠藤の離婚の真相は?

「ココリコ遠藤」の画像検索結果

千秋さんは2002年7月にココリコの遠藤さんと結婚されました。出会いはとあるバラエチティー番組で共演した際、お互い熱狂的な阪神ファン!ということから意気投合されたそうです。

約2年半の交際を経て結婚に至り、翌年の20003年に長女が誕生しています。娘の名前を苺(いちご)ちゃんと名付け区役所に申請したところ、当時は「苺」という漢字が人名の漢字として使用を許可されていなかったため、却下されてしましました。

その代わりとして彩葉(いろは)ちゃんと名前付けたそうです。。苺がお気に入りの千秋さんですが、アメブロのブログタイトルを苺同盟とし、ブログ内で娘さんを「苺さん」と呼んでいます。

ここで娘を苺さんと呼び、別の形で“いちご”と呼ぶ希望を叶えることがでしました。

そして結婚から5年後の20007年に、千秋さんとココリコ遠藤さんの結婚生活は終わりを迎えます。

芸能リポーターの前田敏明さんが千秋さんに浮気の真相を確認したとろ「浮気はあったが離婚理由の3番目か4番目」と答えられたそうです!

世間一般では離婚理由の1位2位を争う離婚理由だと思いますが、それをも上回るほどの理由は一体何だったのでしょうか?

その真実をココリコ遠藤さんが2015年の7月15日に放送されたバラエティ番組「笑いの金字塔!よしもと黄金列説!」(読売テレビ)の中で告白されています。

「TVで初めていう話」と前置きし、離婚の大きな理由の1つが金銭トラブルであったことを明かしました。

その金銭トラブルとは未公開の株の取引きだそうです。

「未公開なので購入して2週間置いておいたら倍になりますよ」という怪しい儲け話に誘われ大金を失ってしまいました。その金額は数千万円にもなるそう。

前々から千秋ちゃん「お金をこうやったらこうなるよ」って話をしたら「やめときや、絶対やめときやって」って。そこを内緒にしながらやっていたのを見つかってしまって。離婚のまあまあのきっかけなんです

と話してらっしゃいます。そういった理由があるにも関わらず、長年それを口外せずに離婚を笑いに変えていた千秋さん。その姿勢に視聴者からは「千秋ちゃん口が堅い」「分別ある人」と千秋さんを称賛する声が寄せられました。

千秋に新たな子供が?現在は妊娠しているの?

今回の再婚により千秋さんは現在、妊娠されているのでは?との噂が囁かれています。突然の再婚により当時は「もしかして妊娠しているのでは?」と憶測されましたが「デキ婚」による再婚ではなかったようです。

それから2年半たった今、お相手の中島さんが15歳年下の独身男性だったため、「そろそろ赤ちゃんが誕生するのではないか?」という憶測から再び妊娠説が浮上しました。

色々と調べてみましたが、華奢な千秋さんのぽっこりと膨らんだお腹の画像や、こっそりと産婦人科や不妊治療に通う姿など一斉スクープされていないことから、あくまでも妊娠は噂の可能性が高いようです。

千秋さんは既に47歳になられていますし、娘さんも既に中学3年生に成長しています。子育ても終盤に向かいご自身と中島さんとの関係を大切にしていきたいのかもしれませんね。

再婚の半年ほど前に、あるテレビ番組で「もし再婚するなら娘が気に入る人がいい」と話しています。後からこの言葉を聞くと、既に再婚を視野に入れている時だったからこそ出た発言だったと読み取れます。

千秋さんと娘さん、ご実家の家族揃って阪神ファンのため、中島さんを阪神ファンにしてから家族に合わせたとのこと。(笑)

さすが年上の余裕さえ感じられるエピソードですね。

新たな子供を授からなくとも充実した日々を送られています。

千秋の子供の名前と出身校は?

千秋さんと元旦那であるココリコ遠藤章造さんとの娘の名前は、「彩華」と書くいろはさんがいます。

元々は、「苺」と付けたかったようですが、当時は使用できない漢字だったため、断念している過去をお持ちです。

では、そんな彩華さんの出身校はどこなのかを、順を追って見ていきましょう。

彩華さんの幼稚園は、セレブや芸能人が通うことで有名な「和光幼稚園」です。

幼稚園が「和光幼稚園」ということもあり、進学にあたっては中学校まではエスカレーター式ですので、自ずと「和光小学校」「和光中学校」の出身だということが分かります。

では、高校はどこなのか、真相を見ていきましょう。
と、その前に彩華さんは短期ではありますが海外留学をしていて、SNSではカナダの国旗が見られることから、北米の可能性が高いと言えるでしょう。

さて、彩華さんの高校についてですが、エスカレーター式で和光中学まで通ったことを考えると、「和光高校」に進学した可能性は非常に高いのでは無いでしょうか。

千秋の子供服ブランド「リボンキャスケット」について

千秋さんは、彩華さんの出産を機に2004年から子供服ブランドである「Ribbon Casket(リボンキャスケット)」を開業しています。

そもそも、リボンキャスケットとは、どのようなブランドなのか、真相を見ていきましょう。

リボンキャスケットは、ベビーやキッズなどの子供服に特化していて、コンビミニの新ブランドとして開業することになるのですが、コンビミニの安全・高品質と、千秋さんのプロデュースということで、瞬く間に話題となり、人気ブランドの仲間入りを果たすことになります。

千秋さんの本気度が伝わってくるのは、デザイナー名が本名の「藤本千秋」を名乗っていたことです。

ちなみに、千秋が衣装デザインに関係しているのは、思いのほか早く、ポケットビスケッツ時代から衣装のデザインをするなど、才能が開花していたとも言えます。

また、母親である千秋さんらしく、子供服だけでなく母親とのお揃いでのコーデをターゲットにすることで、子供だけでなく親にも商品を展開することができ、成功へと導かれたのでは無いでしょうか。

そんな千秋さんさんのリボンキャスケットは、年商が40億とも50億とも言われていましたので、かなりのぎがあることが考えられます。

こちらからリボンキャスケットの商品が見れます。

千秋の実家の父親は社長だった?

千秋さんの実家の父親が社長だと噂になっていますので、真相を見ていきましょう。

千秋さんの父親は、藤本勝司さんと言い、日本板硝子株式会社の社長を経験していたことがある、凄い人なのです。

また、千秋さんの父親の藤本勝司さんは、京都大学・大学院を卒業後日本板硝子株式会社に入社をします。

そして、取締役に54歳の時に、常務に58歳の時に、そして社長には還暦の60歳の時になっていると言う経歴の持ち主で、凄いの一言です。

64歳の時には会長を務め、70歳を過ぎた今でも相談役として活躍しています。

これだけの経歴を持っているだけに、創業者の親族なのかと思いきや、全く関係無いことからも分かるように、どれだけデキる人なのかが分かります。

そんな千秋さんの父親が社長を務めた日本板硝子株式会社は、日本に留まらず世界約30か国を拠点として、100か国以上で販売している会社です。

世界を股に掛けているだけに、売り上げも6,000億円を超えるなど、超大企業として有名な存在です。

ちなみに、千秋さんの親族には父親以外にも凄い人がいて、三菱電機の相談役を務めた谷口一郎さんが叔父にあたるのです。

親族と言う近い存在に、これだけの人たちがいるだけに芸能界に入る必要も無い位の、お金持ちだったことは間違い無いでしょう。

まとめ

15歳も年下で高学歴で優秀なTBS社員、さらにイケメンという理想的な旦那様を射止めた千秋さん。

千秋さんは「前(ココリコ遠藤)は何度話しても通じなかったのに、今(中島さん)は1言えば10伝わる。こうも違うかって思う」と話しています。

妊娠こそなかったものの、再び3人家族となり第二の人生を歩み出していらっしゃる様子が伺えますね。

父親譲りの才能によりリボンキャスケットの事業で成功を収め、売り上げも好調です。

末永い幸せを祈っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする