田中史朗(ラグビー)移籍先や筋肉に注目!かわいい子供と嫁も人気?

田中史朗選手の子供と嫁もかわいいと人気!田中史朗選手の移籍先や筋肉にも注目です!そんなかわいい子供と嫁、移籍先や筋肉についてチェックしました!

2019年ラグビーワールドカップが日本で開催されるということもあり、注目が集まっています。今回は、中心選手として活躍する田中史朗選手について紹介したいと思います。

166cmとラグビー選手の中では、小柄ですが筋肉量がすごく、自分よりも大きな選手に対しても当たり負けしないパワーを持っています。

そんな田中史朗選手は、笑顔がとても素敵な奥さんとお二人のお子さんがいます。田中史朗選手について、詳しく調べてみました。

田中史朗のプロフィール

「田中史朗」の画像検索結果

名前:田中 史朗(たなか ふみあき)
生年月日:1985年1月3日
年齢:34歳
出身地:京都府
身長:166cm
体重:75kg
出身高校:伏見工業高校
出身大学:京都産業大学

田中史朗の出身高校と大学は?

田中史朗選手の出身高校は、ラグビーの名門校である伏見工業高校です。(現在は閉校)

ベンチ入りはできませんでしたが、田中史朗選手が高校1年生の時、全国高校ラグビーにて優勝を経験しています。

2年生になりレギュラーの座を獲得しましたが、京都予選で敗退し全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)へ出場はできませんでした。

この時、思うような成績を残すことができずラグビーを辞めようと思ったそうですが、この経験がターニングポイントになったとのことです。

田中史朗選手は、この頃に本当にラグビーを好きになったそうです。

そして高校3年生の時に、全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に出場し、全国ベスト4の成績を残しています。

田中史朗選手が、ラグビーを続けることができたのは、先輩のおかげで、”恩返しをしたい”という思いがあったそうです。

高校卒業後は京都産業大学へ進学しました。

田中史朗選手は、当時ラグビー部が日本一だった関東学院大学に進学したかったそうです。ですが、田中史朗選手の実家は裕福ではなく、経済的な理由で断念し京都産業大学に入学したそうです。

4年生の時には、大学選手権で京都産業大学を9年ぶりに準決勝出場に貢献しました。

田中史朗選手はラグビーを辞めようと思っていたのには驚きましたが、諦めずにラグビーを続け、人一倍一生懸命に練習をしたことが、今の田中史朗選手があるのだと思います。

田中史朗の移籍先は?

大学卒業後の2007年に、三洋電機ワイルドナイツ(現・パナソニック ワイルドナイツ)に加入しました。そして、今年2019年4月4日、パナソニック ワイルドナイツを退団後、キャノンイーグルスに移籍しました。

ファンは田中史朗選手のパナソニック移籍について、

「一本筋が通っていなかったイーグルスには、フミ(田中史朗選手)のような強烈なキャラクターの選手が必要だと思う」や

「田中史朗選手加入と聞いてキャノンを応援する機運が高まっている」

などと言った田中史朗選手に期待する声が上がっています。これから、キャノンでも頑張ってほしいと思います。

田中史朗の笑顔がかわいいと評判?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

田中史朗選手は、癒し系の笑顔でいつもニコニコしているイメージがあります。

小柄で可愛らしい顔立ちであるがゆえに、こんなエピソードが。

社会人になり、チームの地元群馬県で小学生から、真面目な顔で「君、何小?」と、小学生に間違われたそうです。

しかし、身長の低さに相当なコンプレックスがあったようです。

背の低い田中史朗選手を集中的に狙われるなど、小柄であったため相手チームになめられることもありました。

その悔しさをバネに、誰よりも強い体を鍛えるため地道な努力を続け、世界でも通用する選手になりました。

小柄な田中史朗選手だからこそできる自分の強みを伸ばし、スピード・判断力に努力を注ぎ、高い評価を得ています。

田中史朗のかわいい嫁はバドミントン選手なの?

田中史朗選手の奥さんは、元バトミントン選手の田中智美(旧姓 作山智美)さんです。

高校時代にはインターハイで3位、国際シングルではベスト8という素晴らしい結果を残しています。

奥さんである田中智美さんは、八重歯がチャーミングなかわいいお嫁さんです。

1998年6月21日生まれで、田中史朗選手より3つ年下です。

身長は171cmと長身で、スレンダーな方です。田中史朗選手と奥さんの田中智美さんは三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック)の同期でした。

しかし、当初は全く接点がありませんでしたが、ある日、ラグビー部とバトミントン部が合コンを開いたそうです。

その合コンに田中史朗選手は参加しなかったようですが、そこで知り合ったラグビー選手に、奥さんは田中史朗選手の連絡先を紹介してもらい2人は出会い、交際に至ったそうです。

田中智美さんは、結婚後にバトミントンを辞めました。

元スポーツ選手ということもあり、食事面ではバランスを考えたメニューを作ったり、マッサージをしたりするなど田中史朗選手をサポートしています。

田中史朗に子供もかわいい?

田中史朗選手は、2013年10月20日に長女の愛真ちゃんという娘さんがいます。

最近の写真は見当たりませんでしたが、2歳ごろまでの愛真ちゃんの写真を見ると田中史朗選手に似ているように感じました。

田中史朗選手も奥さんも笑顔がとても素敵な方なので、愛真ちゃんもきっと笑顔の可愛い女の子に成長しているのでしょうね。

また、現在は長男も誕生しているようです。

家族4人になり、ますます幸せいっぱいの家庭を築いているのではないでしょうか。

お2人の運動神経を受け継いだ娘さんと息子さんもスポーツ関係に進むのでしょうか。今から将来が楽しみですね。

田中史朗の筋肉が凄い!

田中史朗選手は、身長166cm、体重75kgと身長に対して体重が重いのは、鍛え上げた筋肉がとても重いのです。

田中史朗選手は、ラグビー選手の中で小柄ではありますが、自分よりも大きな選手に対しても当たり負けしないパワー(筋肉)を身につけています。

ベンチプレスなどの筋トレで鍛えるだけでも、もちろん筋肉はつきますが、それに加えて筋肉形成に必要なタンパク質や炭水化物の摂取量が大切になってきます。

そのため、食の面から田中史朗選手を支えているのは奥さんの田中智さんです。

「アスリートフードマイスター」の資格を取り、練習内容や試合日程を考えたメニューで田中史朗選手をサポートしています。

自分よりも大きな選手に対しても当たり負けしない筋肉があるのは、奥さんの支えもあるからなのだと感じますね。

小柄である田中史朗選手は、ラグビーでは不利なのでは?と感じる人もいると思います。

しかし、田中史朗選手の身長の低さは不利ではありませんでした。

田中史朗選手のポジションは、スクラムハーツというスピード・正確さ・判断力・体力が必要なポジションです。

また、チームの中で一番走る距離が長く体力も必要なポジションでもあります。

スピードやパスの正確さ、早く的確な決断力、そして体力が身長が低くても田中史朗選手が強い理由だと思います。

小柄だからといって諦めず、小柄なりに並々ならぬ努力をしている田中史朗選手はとてもかっこいいなと思います。

田中史朗のまとめ

今回は、田中史朗選手について紹介しました。

小柄である田中史朗選手の可愛い笑顔の裏側には、努力の結晶が詰まっていることが分かりました。

小柄だから不利なんてことはなく、大きな選手にも当たり負けしない、低く力強いタックルを持っています。

その努力が世界でも戦うことができるということを示していると思います。今後の田中史朗選手の活躍を楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする