加藤嵐の彼女がイルカとは?スポンサー問題やオリンピックも調査!

サーフィンが、2020年東京オリンピックの競技に選ばれたことにより、プロサーファーにも注目が集まっています。

そこで今回は、プロサーファーの1人である「加藤嵐さん」について、紹介したいと思います。

輝かしい経歴を持ち、実力はトップクラス。

さらにイケメンで、爽やかな笑顔の加藤嵐さんは今後活躍が期待され注目のサーファーです。

そんな加藤嵐さんを検索すると、関連ワードに”イルカ”と出てきます。

この”イルカ”というのは、海の生物ではなくどうやら彼女の名前であるようです。

また、2016年にはメインスポンサー離れなど苦難の時期もありました。

加藤嵐さんのプロフィールや実績、彼女のイルカなどについてまとめました。

加藤嵐のプロフィール

名前:加藤 嵐(かとう あらし)
誕生日:1993年7月18日(26歳)
出身地:東京都
身長:172cm
体重:67kg
血液型:B型

加藤嵐さんは、5歳の頃初めて父親のボードで波乗りを体験し、それ以来サーフィンの虜になりました。

12歳の時には、サーフィンに専念するため家族で横浜から千葉に引っ越したようです。

その後、NSA千葉東に所属しメキメキと成長し、15歳の時には、ジュニアとボーイズの全日本チャンピオンを獲得しました。

15歳にして、プロ資格を獲得しプロへ転向しました。

2010年、17歳の時にJPSA Rookie of the Yearに選ばれるという名誉を獲得しました。

プロとしては、10年近くのキャリアがあるので、最近では中堅どころの選手のような扱いです。

また、加藤嵐さんは、世界のトッププレーヤーと比べるとやや小柄な印象ですが、しっかりとした体格であるので、筋肉量はかなりのものだと思われます。

荒々しい波にも対応できる体幹が持ち味です。

加藤嵐の彼女はイルカ?!

イルカというと、海の生物をイメージしてしまいますがそのイルカではなく、モデルの”藍田入夏さん”のことです。

藍田入夏さんは、1993年9月3日生まれの現在25歳です。

小学1年生の時にモデルデビューをし、小学6年生の終わりから本格的にモデルデ活動をスタートさせました。

個性的なファッションセンスは同世代から絶大な支持を受けていて、活躍の幅もモード誌からストリート誌、さらにはテレビCMまでとにかく幅広いです。

スプライトのCMに出演した際には、ハーフ顔でモデル体型のかわいい子は誰?と話題になりました。

そして、そんな藍田入夏さんがなぜ加藤嵐さんと関連ワードに出てくるかというと、実はお二人は付き合っていたそうです。

2018年7月時点の情報なので、2019年8月現在もお付き合いをしているか調べてみましたが、その情報はなく分かりませんでした。

加藤嵐と大橋海人の関係は?

大橋海人さんも加藤嵐さんと同じくプロサーファーとして活動しています。

以前大橋海人さんは、インタビューで「同世代の日本人選手も数多く活躍しているが、ライバルはいますか?」という質問に「強いて言うなら、加藤嵐くんとかとやり合うのは面白いかな。」と答えていました。

お二人は、同じプロサーファーであり、ライバルという関係であるのではないでしょうか。

関連記事⇒大橋海人(サーファー)の父とサーフボードについて!身長や彼女は?

加藤嵐の元彼女はベイビーキー?

加藤嵐さんとベイビーキー(Babykiy)さんは、以前付き合っていたという情報があります。

ベイビーキーさんのインスタグラムでもたびたびお二人のツーショット写真が披露されていたので、間違いないと思います。

ベイビーキーさんは、1992年11月17日生まれの26歳。本名は宮崎絹子さんです。シンガーソングライターやROXYgairlとして活躍していています。

また、インスタグラムから人気が爆発し、今ではベイビーキーさんはインフルエンサーとして高校生の憧れの的であり、モデルやジュエリーデザイン、広告やイベントのプロデュースも行っています。

加藤嵐のサーフィンの成績は?

加藤嵐さんの主な成績をまとめました。

《2007年》

*ASP JAPAN CADET グランドチャンピオン

《2008年》

*ASP JAPAN CADET グランドチャンピオン
*NSA BOYS グランドチャンピオン

《2009年》

*NSA JUNIOR グランドチャンピオン

《2010年》

*JPSA ルーキーオブザイヤー・JPSA/32位

《2011年》

*ASP WORLD JUNIOR/9位・JPSA/24位・優勝3回

《2012年》

*ASP WORLD JUNIOR/9位・JPSA/14位・優勝3回

《2013年》

*ASP WORLD /181位・ASP JAPAN/5位・JPSA/3位

《2014年》

*ASP WORLD /178位・ASP JAPAN/3位・JPSA/8位

《2016年》

*JPSA/1位

《2017年》

*Jack’s Surfboards Pro 2位・JPSA/1位
《2018年》

*JPSA/1位

加藤嵐のスポンサー問題とは?

加藤嵐さんの実績を見ると輝かしい成績を残していますが、2016年に初めてグランドチャンピオンに輝くも突如メインスポンサーから契約を打ち切られることとなりました。

オークリーやPEACE WAVEといったところがスポンサーについていました。

なぜ、メインスポンサーが離れていってしまったかは明確にはなっていませんが、年間王者でさえ契約の更新がないことについては、サーフィン界でも衝撃を受けたのではないでしょうか。

スポンサーは、旅費や交通費、滞在費などがかかりその費用をバックアップしてくれます。

その重要な柱を失ったことにより、資金的な問題で挫折してしまったそうですが、気持ちを切り替えて2017年は世界基準ではなく、国内に狙い絞りました。

結果としては、2017年にJPSAでチャンピオンに輝いているので、良かったのかもしれません。

そんな加藤嵐さんはある雑誌のインタビューで「先方から契約更新がないと聞いて不思議と嫌な気持ちはなかった、だから気持ちの切り替えができたし、頑張るしかないって(笑)」と語っています。

いろいろと苦労はあったと思いますが、スポンサーがいなくなり成長した1年とも捉えられるのではないでしょうか。

自分のスタイルを見直し、今後についてじっくりと考えるいい時間になったのかもしれません。これからも世界に向けて挑戦し続けてほしいと思います。

加藤嵐のオリンピック出場の可能性は?

2019年2月9日、サーフィン日本代表を選出するための「2019年サーフィン強化指定選手」が男性33名発表され、その中に加藤嵐さんも選ばれました。

しかし、そのうち次期世界大会で4位以内に入る可能性が高いA指定の中に、加藤嵐さんは入っていません。

また、サーフィンは1つの国から出場可能な枠は男女ともに2名です。

注目選手として名前が挙がっているのは、五十嵐カノアさんや、稲葉玲王さんや新井洋人さん、大原洋人さんなどです。

加藤嵐さんは、国内でトップクラスのサーファーではありますからオリンピックに出場できるのは2名です。ぜひ、出場できるよう頑張ってほしいと思います。

加藤嵐のまとめ

今回は、プロサーファーの加藤嵐さんについて紹介しました。実力は折り紙つきで、日本ランキング1位になったこともあります。

加藤嵐さんの夢は、”日本国内だけでなく、世界でリスペクトされるサーファーになること”だそうです。2020年の東京オリンピックに出場できるよう、頑張ってほしいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする