中島イシレリは松本人志に似せている?結婚・嫁子供に出身地を調査!

ダウンダウンのまっちゃんに似ていると話題のラグビーの中島イシレリ選手。出身地はトンガのある島だとか。そんな中島イシレリ選手のお嫁さんや子供情報も知りたくなり、出身地やお嫁さん子供について、まっちゃんに似ている噂をまとめてみました!

中島イシレリの出身地とプロフィール

2019年ラグビーワールドカップで日本史上初のベスト8を果たした日本代表。

その中で、ダウンタウンの松本人志さんに似ていることで話題に挙がった中島イシレリ選手ですが、出身地やプロフィールについて、見ていきたいと思います。

中島イシレリ選手の出身地はトンガのヴァイオラで、父親と母親も共にトンガのヴァイオラ出身です。

ちなみに、ヴァイオラとは島の1つで、南太平洋に浮かんでいます。中島イシレリ選手は、1989年7月9日生まれの2019年12月現在30歳で、身長が186㎝で体重が120㎏という恵まれた体型で、ラグビーを始めたのが15歳と遅咲きです。

そんな中島イシレリ選手は、2015年8月に帰化し、一時は中島ヴァカウタイシレリとしていましたが、2017年シリーズから現在の中島イシレリにしています。

また、ワールドカップで大活躍した日本代表には、外国出身選手が数多くいますが、その中でもニュージーランドや中島イシレリ選手が出身のトンガが特に多いと言われています。

中島イシレリの来日のきっかけと出身大学はどこ

15歳からラグビーを始めた中島イシレリ選手ですが、なぜ来日することになったのか、真相を見ていきましょう。

中島イシレリ選手は、リアホナ高校を卒業したことを機にニュージーランドへの留学を熱望していましたが、その願いは叶わず、代わりに日本の流通経済大学がスカウトしたことがきっかけで来日することになりました。

つまり、リアホナ高校を卒業するとともに、流通経済大学に入学するため来日します。

中島イシレリ選手をスカウトし発掘したのが、流通経済大学の内山監督だと言われています。

中島イシレリ選手の中では、日本は中国の一部だと思っていたと言われています。

流通経済大学に進学した中島イシレリ選手は、2012年に大学卒業後NECグリーンロケッツに加入し、2015年からは神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入しています。

ちなみに、この当時の中島イシレリ選手の体重は、今から30㎏も重い150㎏だったと言われていて、移籍をするために仕上げたことは言うまでもありません。

とは言え、グリーンロケッツ時代はそれまでの体型でも戦えていたわけですから、そこから仕上げたということはかなりの覚悟があったことは言うまでもありません。

また、体重が影響していたのか怪我が多かったことも、仕上げた一因だとも思いますが、30㎏近く減量したということは、並々ならぬ覚悟は伝わってきます。

中島イシレリは結婚てる?嫁や子供は?

中島イシレリ選手のプライベートな面である、結婚や嫁、子供について見ていきましょう。

そもそも、中島イシレリ選手は結婚しているのかについてですが、2014年に日本人女性である理恵さんと結婚しています。

中島イシレリ選手と嫁の理恵さんの出会いは、千葉県にある居酒屋だと言われています。

嫁の理恵さんは、中島イシレリ選手に対しての第一印象が「毛むくじゃら」だということで、それほど分かる誰にでも分かるほどの毛深さだということでしょう。

とは言え、結婚や付き合うなどと言ったことは一切無く、中島イシレリ選手が日本の生活に慣れていないため、サポートをしていた嫁の理恵さんですが、知らず知らずのうちに結婚と言う具体的な話になっていたといわれています。

その裏には、中島イシレリ選手の性格も関係していて、出身であるトンガの陽気な性格を踏襲していることから、何があってもどうにかなると感じていたのでしょう。

その陽気な性格がプラスに作用して、嫁の理恵さんと結婚するに至ったのでしょう。

また、中島イシレリ選手に子供がいるかについてですが、長男のロニー君がいます。

中島イシレリ選手は元々ラフプレーをすることも多く、頭に血が上りやすい性格でしたが、子供が生まれたことで、熱くなっても子供を思い出すことにしたことで、精神面でも成長を遂げることができました。

中島イシレリが金髪の理由とは?

中島イシレリ選手と言えば、金髪がトレードマークと化していますが、果たして金髪にした理由とは何なのか、真相を見ていきましょう。

中島イシレリ選手が金髪にしている理由には、母校である流通経済大学が関係していて、大学のカラーが白と金ということで、金髪にしたと言われています。

つまり、流通経済大学の大学カラーから金髪にしたということで、母校愛が伝わる逸話となっています。

トンガ出身でありながら流通経済大学にスカウトされたことから、来日するきっかけを作ってくれた母校に対するせめてもの気持ちと言った意味も含まれているのでは無いでしょうか。

中島イシレリ選手の金髪に目が行きがちですが、流通経済大学カラーの金髪にしているということで、大学に入学する前の髪の色が気になるところですので、真相を見ていきましょう。

中島イシレリ選手の金髪の前の髪の色は、ごくごく一般的な黒で、黒髪だと印象が変わるかと思いきや、案外無難に収まっている印象です。

ちなみに、中島イシレリ選手は髪以外にもこだわりを持っていて、トレードマークになっているのは赤いマウスピースです。

この赤いマウスピースの色に関しては、所属している神戸製鋼コベルコスティーラーズのカラーだということや、日本や出身のトンガの色でもあることから、赤いマウスピースを使用しているというのです。

それだけ、日本は勿論ですが、出身であるトンガや所属チーム、母校と言ったように中島イシレリ選手は様々な場所との繋がりを大切にしていることが伝わってきます。

中島イシレリと松本人志が激似と話題に!

中島イシレリ選手と言えば、何と言っても話題になっているのがダウンタウンの松本人志さんに激似だと言われていることです。

この話題について、当の本人たちはどのように思っているのか、真相を見ていきましょう。

中島イシレリ選手曰く、松本人志さんに似ていると言われることに対しては、面白いから好きだったと発言するなど、まんざらでもない雰囲気を出しています。

では、松本人志さんは中島イシレリ選手と似ていると言われることに対しては、どのように感じているのでしょうか。

松本人志さん曰く、噂では聞いていることやそこまで似ていないと発言していますが、これは松本人志さんなりの冗談も混じっているのでは無いでしょうか。

とは言え、同じ番組に出演していた東野幸治さんや指原莉乃さんからは、「そっくり」の大合唱です。

また、松本人志さんも中島イシレリ選手が似せてきていると感じるなど、話題になったことで抜群の反響です。

確かに、中島イシレリ選手と松本人志さんは、髪の色は勿論のこと、笑ったときの顔は抜群に似ていることが分かります。

中島イシレリのヤイボイTシャツがバカ売れ?

中島イシレリ選手が生み出した造語「イヤボイ」。

このイヤボイには、トンガの言葉と英語が組み合わさったものですが、このイヤボイTシャツが超大人気でバカ売れしているのです。

発売方法がオンラインだけだったにも関わらず、用意した1,000枚は5分足らずで完売するという、人気を証明しました。

また、中島イシレリ選手のインスタグラムには、日本代表として戦ったメンバーもイヤボイTシャツを着ている姿が投稿されるなど、今後もイヤボイTシャツの売れ行きに拍車がかかること間違い無いでしょう。

中島イシレリのまとめ

ラグビーワールドカップで世間に名前を売った中島イシレリ選手。

そんな中島イシレリ選手はトンガの出身で、スカウトされたことで来日し、流通経済大学に入学したことが分かりました。

また、日本人女性の理恵さんと結婚していて、子供がいることも分かりました。

金髪にしている理由が大学のカラーであったり、松本人志さんに似ていると言われていたりするなど、様々なことが分かりました。

そして、中島イシレリ選手が作り上げた「イヤボイ」という言葉のTシャツがバカ売れしていることも分かりました。

2019年は一気に名前が売れて激動の1年でしたので、2020年は2019年以上に活躍することを期待しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする