水美舞斗の実家や血液型は?トップの可能性や組替えについて考える!

宝塚歌劇団 花組 に所属する男役スターである水美舞斗(みなみ まいと)さん。

宝塚歌劇団の95期生は各組の主力が揃う黄金世代と呼ばれているそうですが、その中でも人気、実力ともに急上昇しているのが、華組の人気男役スターの水美舞斗さんです。

長身ですらりとしたスタイルに、きりりとしたお顔立ち。そんなイケメンすぎるといわれている彼女の愛称は「マイティー」です。

水美舞斗さんの実家や血液型が発覚!トップの可能性や組替えについて考えてみました。

彼女のフォトブックも発売され、ますます気になる存在になっています。人気急上昇中の水美舞斗さんの実家や血液型、トップの可能性、組替えについて注目が集まっています。

今回は彼女の情報について調べてみましたのでたっぷりとご紹介いたします。

水美舞斗の血液型やプロフィール

水美舞斗(みなみ まいと)さんは、大阪府寝屋川市出身です。

生年月日は1991年6月28日と言われています。

見るからにすらっとして抜群のスタイルですが、公表されている身長は170cmだそうです。男役にぴったりのスタイルで、とても舞台映えしますよね。

そして血液型はО型になります。水美さんのイメージからして、おおらかそうで誰からも愛されて安心感を感じるので、納得のО型でしたね。

同期で仲良しの柚香光さんも同じО型とのことでした。

こちらの柚香光さんとは「れいまいコンビ」として相思相愛のお二人なのですが、気が合うもの同じ血液型だからなのかなと感じますね。

そんな水美舞斗さんの本名ですが、音楽学校時代の情報から「青木 美奈実(あおき みなみ)」さんということが判明しました。

みなみちゃん、なんて可愛らしいお名前だったのですね。ご本名のお名前の「美奈実」を「水美」にしたのでしょうね。

更に調べると、好きな色が何と水色だそうで、それもあって水と言う漢字を使ったのでしょう。

芸名の由来は「好きな色が水色で踊りが好きなので美しく舞えるようにつけられた」と公表されていました。

名付け親はご家族だそうです。素敵なお名前ですよね。イメージにぴったりなのではないでしょうか。

そして、水美さんの出身校が大阪国際大和田中学校となっていました。大阪弁を話す彼女もとても魅力的でしょうね。

水美舞斗の実家は?

以前CSタカラヅカステージの番組内で、妹さんがいらっしゃるとご本人がお話しされていました。こちらはご本人が言われたので確実な情報になりますね。

きっと美人姉妹なのでしょうね。妹さんの画像などは見つかりませんでしたが気になるところですね。

そして愛犬を飼っているようですね。どんな犬なのかこちらも気になるところです。今後ご本人から発信されることがあればぜひチェックしたいところですよね。

水美舞斗さんのご両親や実家についての情報は見当たりませんでした。

水美さんは、3歳からバレエに、小学校5年生から宝塚コドモアテネに通われていたようです。

宝塚コドモアテネとは、宝塚音楽学校がその設備と講師陣を活用して、 声楽・バレエ・日本舞踊のレッスンなどを行うお教室になります。

このお教室から宝塚音楽学校に合格する生徒さんも多いのだとお聞きしますので、きっと裕福なご家庭だったのでしょうね。

水美舞斗の主な略歴は?

水美舞斗さんはダンス、歌唱力、演技、どれをとっても素晴らしいですよね。

そんな水美舞斗さんの魅力に迫ってみると、「なんでもできるオールマイティー」と言われる水美舞斗さんですが、その中でも踊りが特に得意だそうです。

3歳からバレエ、そして宝塚コドモアテネにも入団していた彼女ですから、幼いころから着実にタカラジェンヌへの道を歩んできたんですね。

そして入団時の成績も3番で実力もしっかり持ってらっしゃいました。

2009年4月に、宙組公演「薔薇に降る雨」「Amour それは…」初舞台公演で花組に配属。

2015年3月には「カリスタの海に抱かれて」で新人公演初主演をつとめました。

2017年7月には宝塚歌劇団年度賞において、2016年度新人賞を受賞しました。

素晴らしい経歴をお持ちなんですね。

水美さんは、持ち前の筋肉を生かしたダイナミックなダンスに定評があり、「Sante!!」では女役を務め、ダンスに加え筋肉美な体も披露しています。

全身をくまなく鍛えているようですね。素晴らしい筋肉美でファンを魅了しているようです。

ストイックで努力家である水美さん。この人気の裏で、やはりかなりの努力をされているのでしょうね。

水美舞斗のライバル同期は?

水美舞斗さんを語る上で欠かせないのは、同期でありトップスターの柚香光さんの存在ですね。

柚香さんは、水美さんはともに中卒で宝塚音楽学校に入学した同じ年なのです。さらに組配属も同じ花組で、切磋琢磨しながら成長してきた大切な存在でしょう。

柚香光さんがトップ、水美舞斗さんが2番手というこの二人は、95期生で同期です。花組の同期コンビ「れいまいコンビ」として人気のお二人なのです。

同期で苦労を共にしてきた仲なので、お二人は息がぴったりです。

入団時から、実力は水美さんの方があるようですが、目立つのは柚香さんといわれており、水美さんは陰に隠れるような印象でした。

これだけの好成績で実力もある水美さんが、新人公演やバウホール主演がともに1回というのは、正直なぜだろうと不思議に思ってしまいますよね。

花組での現在の扱いはスター路線ではあるものの、どうもいまひとつという印象がぬぐいきれず、もやもやしているファンも多いのではないでしょうか。

これからまだまだ前に出て、どんどんスポットライトを浴びて輝いていてほしいですよね。

水美舞斗のフォトブックの評判は?

水美さんの待望のフォトブックが発売されました。

たちまち話題沸騰となりましたが、その中の写真に、ダンサーによくある足のアザが、修正なしで写っているのです。

バレリーナでも踊りのせいで足にアザができるそうなので、激しいダンスをしている水美さんの足にもアザができているのでしょうか。このアザはまさに男役の勲章といえますね。

水美さんのオフショットについては、ネット上でもとても評判が良く

誰と映っているかなどが分かりやすい鮮明な写真が多くて、顔アップも多め、シチュエーションもバリエーションが豊富で、見ていて楽しいと好評です。

うっとりするほど美しい彼女のフォトブックは見どころ満載な仕上がりとなっています。ぜひぜひ手に取ってご覧になってみてくださいね。

水美舞斗のトップや組替えの可能性は?

さて大量組替えが宝塚より発表されましたが、

以前から花組公演の「花より男子」の配役に名前が載っていないことや、花組ショーケース「Dream On!」に特別出演することから、

もしかしたら組替えでは?と囁かれていたのでファンは気になるところですよね。

水美さんご自身の組替えはありませんでしたが、組替えにより花組のメンバーが変わりました。

花組を綺城ひか理さんが2019年11月25日付で星組へ組替えとなり、

雪組から新たに、朝月希和さんと永久輝せあさんが2019年11月11日付で花組へ来ることになりました。

永久輝せあさんが花組へ組替えしてきても、水美さんは今後も変わらず実力派として、柚香光さんを支えるスターとして活躍してくれそうですよね。

また、ダンスに定評のある花組ですが、永久輝せあさんが加わることでさらに、「ダンスの花組」の力が増すことも予想されます。

しかし花組トップスターの明日海りおさんが卒業し、次期トップは柚香光さんとうわさされているので、水美さんや瀬戸かずやさんのポジションがどうなるのかが気になります

次期トップと言われている柚香光さんと水美舞斗さんは中卒で宝塚の道へ進むことを決意した同期ですが、いつもスポットライトを浴びるのは柚香光さんでした。

でも実力があるのは成績から見ても水美舞斗さんに間違い無いのでは、と言われており、それでも実力と人気は比例すると一概に言えないので、ご本人もファンの方も歯がゆい思いをされていることと思います。

水美舞斗さんファンとしては、これからも彼女の実力を信じて応援していきたいですよね。

水美舞斗のまとめ

ダンスだけではなく歌唱力もばっちりな水美舞斗さん。

「BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-」の水美舞斗さんの歌声が絶賛だと話題になっています。

女性に見えないほど筋肉がしっかりついているというのも見どころですね。筋肉質な体型だからこそ、力強い男役を演じることができるのですね。

高いジャンプをしながら安定した歌声がとても素敵で、体幹がすごくしっかりされてると、かなり高い評価をされているようです。

水美舞斗さんは宝塚コドモアテネ出身ですし、着実に実力をつけてきました。何としてもトップスターになってほしい!という私たちファンの思いが強いですね。

きっとトップスターという肩書きを手にしてくれると信じて応援してきたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする