夢白あやの本名や年齢・実家は?飲酒黒歴史の過去はうわさだった!

時期トップ娘役として注目されている夢白あやさん。本名や年齢・実家や飲酒黒歴史の過去はうわさがきになります。そんな夢白あやさんの本名・年齢や実家についてまとめてみました。調べてみたところ、憧れの先輩なのも発覚しましたので合わせてご紹介したいと思います!

夢白あやの本名や年齢・プロフィールは?

「白夢あや」の画像検索結果

宝塚歌劇団の宙組の娘役として大活躍中の夢白あやさんについて、本名や年齢などのプロフィールを見ていきたいと思います。

夢白あやさんの本名は「山本彩加」で、生年月日は1998年8月27日生まれということで、2020年1月現在の年齢は21歳ということになります。

ちなみに、夢白あやさんの芸名は本名の「あやか」から取っていると言われています。

また、なぜ本名が広まったのかと言うと、Twitterで本名と同じ名前のアカウントがあったからです

夢白あやさんは、現在の年齢は21歳ですが、中学卒業に合わせて入学した同級生と比べると年齢が1歳上になります。

なぜかと言うと、夢白あやさんは、中学卒業後に明星学園高校に進学し、1年生が終了したタイミングで宝塚音楽学校を受験しているからです。

そんな夢白あやさんが宝塚歌劇団に入団したのが2017年で、第103期生で入団し、その時の成績が4番という成績を残しています。

夢白あやさんも他の生徒同様に、小学校1年生の時からバレエを習っていたため、将来の夢がバレリーナでした。

その夢白あやさんが宝塚、ミュージカルに興味を持ったのが中学校2年生の時と言われています。

この時、既にバレリーナの夢から宝塚受験を決意し、中学校3年生の時には受験対策のために「べっら・ぼーちぇ音楽院」に通って声楽を学んでいました

また、声楽を習うきっかけとなったのが、「雨に唄えば」というブロードウェイの来日公演を見たことでした。

ちなみに、宝塚を一度も見ることなく受験をするなど、抜群の行動力を誇っています。そのため、宝塚音楽学校に入学後は、劇団員名鑑が必須の持ち物だったと言われています。

夢白あやの実家は?

夢白あやさんの実家について、真相を見ていきたいと思います。

実家について見ていく前に、夢白あやさんは東京都杉並区の出身と言うことで、高級住宅街となっています。

つまり、夢白あやさんの実家も高級住宅街の一角であることは間違いありませんので、お金持ちであるでしょう。

お金持ちで宝塚とくれば、夢白あやさんの実家が益々気になるところですが、残念ながら夢白あやさんの実家については公表されていませんでした。

確かに、実家を公表すると良いファンもいれば悪いファンもいますので、何が起こるか分かりませんので、実家を公表しないことは自分自身を守るという護衛のためには非常に良い賢明な選択だと言えます。

このように、夢白あやさんの実家は公表されていませんでしたが、一つ言えることは東京都杉並区の出身と言うことからお金持ちである可能性が非常に高いことが分かりました。

夢白あやの主な来歴は?

夢白あやさんの主な来歴を見ていきたいと思います。

夢白あやさんが宝塚音楽学校に入学したのが2015年の時で、2017年には宝塚歌劇団の103期生として入団します。

先ほどもお伝えしたように入団した時の成績が4番目と好成績を収めます。

そんな夢白あやさんの初舞台となったのが2017年の雪組公演「幕末太陽傳/DramaticS」です。

初舞台を経て、雪組から宙組に配属され現在に至りますが、宙組に配属された1作目が「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」新人公演で、大抜擢となるヒロイン級の役を演じました。

ポスター

2018年には阪急阪神の初詣ポスターのモデルに起用されると共に、「異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-」で新人公演の初ヒロインに選ばれました。

また、星風まどかさんが部分的に休演した時には、代役でトップスターである真風涼帆さんの相手役として、フィナーレのデュエットダンスを行いました。

2019年には、2回目となる新人公演ヒロインを「オーシャンズ11」で、バウホール公演の初ヒロインを「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」で務めました。

ポスター

夢白あやの憧れの宝ジェンヌは?

夢白あやさんは、お母様の勧めで宝塚の受験をした結果、合格して今に至っています。

そのため、宝塚の舞台を一度も観劇していない状態でした。

そんな夢白あやさんには果たして、憧れの宝ジェンヌはいるのか、真相を見ていきたいと思います。

夢白あやさんの憧れる宝ジェンヌは、愛希れいかさんであることをインタビューで答えています。

「愛希れいか」の画像検索結果

また、愛希れいかさんを憧れる理由と言うのが、可愛らしかったりカッコ良かったりと、様々な女性を演じ切ることが出来ていることだとも言っていますので、演技に対して憧れているということでしょう。

夢白あやの黒歴史飲酒の過去のうわさはなぜ広がった?

夢白あやさんには黒歴史だったり、飲酒だったりと言ったように過去のうわさが広まっていますが、果たしてどういうことなのか、真相を見ていきたいと思います。

ますは、夢白あやさんの黒歴史についてインターネット上では「高校生の時遊んでいた」「未成年飲酒をしていた」「宝塚に興味が無いとSNSに投稿していた」「ファン対応が悪い」と言ったようなイメージが拡散されています。

確かに、この内容を見ると黒歴史と言われても違和感は無いように感じます。

また、未成年での飲酒と言ったように、今のご時世では許されない風潮になっている芸能界ですので、宝塚も然りで、そのようなうわさが立つということは、良く言われるのが「火の無い所に煙は立たぬ」で黒歴史だったり飲酒疑惑だったりについては、うわさが立っている以上、どこからか情報が流れていたのかもしれません。

しかしながら、うわさこそ立っていますが、実際の飲酒画像が公表されていないことから、実はガセでは無いかと言われています。

このような黒歴史などのうわさが立つ背景に考えられるのは、若くして人気者となった夢白あやさんに対する妬みを持っている人がうわさを立てた可能性も考えられます。

つまり、夢白あやさんのアンチが存在しているということでしょうが、人気商売である以上アンチがいるということはそれだけ人気者である証だとも捉えられますので、夢白あやさんのには黒歴史などのうわさに負けずに、活躍する姿を期待しましょう。

夢白あやのトップ娘役の可能性は?

夢白あやさんは、今や一押し娘役であることは間違いありませんが、果たしてトップの娘役になれる可能性はどうなのか、見ていきたいと思います。

夢白あやさと言えば、次期トップ娘役に一番近いと言われている存在ですので、トップ娘役になるには時間が解決してくれるでしょう。

では、なぜここまで夢白あやさんが次期トップ娘役に近いと言われているのかと言うと、何と言っても舞台映えする顔であるために華があるのです。

やはり、宝塚は舞台が広いために存在感を出す必要がありますので、舞台映えする顔はかなりの好印象であることは間違い無いでしょう。

また、今までであれば「サバサバした娘」と言うイメージが先行していましたが、最近では「娘役」として表現力も尾備わってきていることも、トップの娘役になるために必要な要素を備えていると言えるでしょう。

ちなみに、既にバウホール公演のヒロインを務めているなど、実績も備わっていることは今後に向けて好要素と言えるでしょう。

夢白あやのまとめ

宝塚歌劇団宙組の娘役として活躍している夢白あやさんについて、見てきました。

夢白あやさんの本名が、「山本彩加」で2020年1月現在年齢は21歳だということが分かりました。

また、憧れの宝ジェンヌが愛希れいかさんだということも分かりました。

そんな夢白あやさんの初舞台は、2017年の雪組公演「幕末太陽傳/DramaticSで、2018年には阪急阪神の初詣ポスターのモデルを務めるなど、多方面で活躍していることが分かりました。

今やトップ娘役に一番近いと言われていますし、なれる可能性は大いに秘めていますので、今後の活躍から目が離せませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする