暁千星の父は有名人?トップへの可能性も浮上!

暁千星さんの父親は元プロ野球選手なのをご存知ですか?優秀な成績でた宝塚音楽学校を卒業されたとか。

トップへの可能性も話題に。そこで暁千星さんの父親についてやトップへの可能性について調べてみました!

暁千星の父親は元プロ野球選手!

宝塚歌劇団月組で活躍している暁千星さんの父親が、元プロ野球選手だと言われていますので、真相を見ていきたいと思います。

そもそも、宝塚歌劇団には松岡修造さんの娘だったり、広岡達朗さんの孫だったりと、スポーツ界と深く関係していることが分かります。

そこで、暁千星さんの父親である元プロ野球選手を見ていきましょう。

暁千星さんの父親は、元南海ホークスの投手として活躍した山内和宏さんです。

暁千星さんは父が元プロ野球選手ということや、最多勝を獲得したことがあるため、運動神経が抜群の遺伝子を受け継いでいること間違い無いでしょう

どの世界にも言えることですが、親が有名人だと二世として思わぬ期待がかかりますので、暁千星さんも二世として父親以上の活躍が問われることになるでしょう。

暁千星の本名や年齢は?

暁千星さんの父親が元プロ野球選手の山内和宏さんだということが分かりましたが、本名や年齢について見ていきたいと思います。

まずは、暁千星さんの本名についてですが、「山内亜里」さんです。

ちなみに、本名である「亜里」は、「あかり」と読みます。

そんな暁千星さんの芸名は、本名から取られているわけでは無く、「暁」は出身中学から1文字を取りました。

「千里」は千ほどの星から光り輝くようにという願いが込められていて、父を含めた家族で決めたと言われています。

次に、暁千星さんの年齢について、見ていきましょう。

暁千星さんは、9月14日生まれなのは公表されていますが、生まれた年は公表されていません。

しかしながら、宝塚音楽学校に入学したのが2010年で、その時に高校卒業したと考えられるため、1994年生まれであることが考えられますが。

つまり、1994年9月14日生まれと言うことで、2020年4月現在25歳ということが分かります。

暁千星は5歳からバレエを始めた!

暁千星さんと言えば、バレエを始めたのが5歳だと言われていますので、真相を見ていきたいと思います。

暁千星さんは、トップとして活躍した柚希礼音さんに似ていると言われることが多いことでも有名です。

その理由として考えられるのが、ダンス力が抜群に高いことが言えます。

暁千星さんのダンス力が高いは、5歳からバレエを習っているからだと言われています。

なぜなら、バレエを5歳から習っていることで、股関節の柔らかさを活かしたダンスが魅力です。

その暁千星さんの類いまれなダンス力は、インターネット上で「踊りすぎでは」「公演持つのか不安」と言われるほどです。

ちなみに、5歳からバレエを習っていた暁千星さんは、バレリーナを一時期目指していた時期がありますが、何と中学3年生時点で身長が170㎝を超えていたことが理由で諦めます。

そのタイミングで出会ったのが、宝塚歌劇団の男役だったことで、今に至ると言われています。

暁千星は音楽学校を一発合格!首席入学で父親も歓喜!

09年に公演された「哀しみのコルドバ/Red Hot SeaⅡ」を観劇したことで感激し、宝塚に入ることを決意しました。

しかしながら、宝塚音楽学校は簡単に入ることが出来るわけではありません。

そんな最難関とも言える宝塚音楽学校ですが、2010年に暁千星さんは一発合格を果たすのです。

それだけで無く、2012年には宝塚歌劇団の第98期生首席として入学を果たします。

そんな首席入学を果たした暁千星さんに対して、父である山内和宏さんは

「高校に行く年齢で親元を離れるから会えなくなる」

とコメントを発するなど、さみしさを募らせましたが、裏では非常に喜んでいたことは間違い無いでしょう。

暁千星は私生活でもストイックなのは父親の影響?

暁千星さんの私生活について、見ていきたいと思います。

暁千星さんは、元々偏りがちな食生活ではありましたが、体のことを思って食生活に気を遣うようになりました。

具体的に言うと、野菜をしっかり摂取し和食中心にし、乳製品を止めたと言われています。

その甲斐あってか、体型は引き締まり、体調も良くなり、風邪を引きにくい体に仕上がりました。

また、半身浴をするなど、より一層体に気を遣っているのですが、それも全て宝塚の公演に備えてのことですので、プロの鑑と言えるでしょう。

プロの鑑と言えば、父親である山内和宏さんは元プロ野球選手なので、ストイックな私生活は父親の影響と言っても過言では無いでしょう。

暁千星は朝美絢の主演公演で傷跡を残すも父親も話題に!

暁千星さんが朝美絢さんの主演公演で傷跡を残したと噂になっていますが、一体どういうことなのか、真相を見ていきたいと思います。

事の発端は、朝美絢さんが主演を務めた舞台「舞音-MANON-」で、主演の朝美絢さん以上に暁千星さんが報道されました。

そのことで、世間では、主演を喰ったというように言われ、その理由として挙げられたのが、暁千星さんの父親が有名人だからだと言われています。

とは言え、たとえ暁千星さんの父親が有名人だからと言って、主演を喰うような報道をするのはいかがなものかと思いますが、現在のマスコミでは忖度することが未だに蔓延していることは間違いありません。

ちなみに、朝美絢さん同様に暁千星さんが初主演を務めた「明日への指針」では、「期待の新人」「有望の新人」と言ったように、確実に扱いが違うことが分かります。

暁千星のトップへの可能性が浮上?

暁千星さんにトップへの可能性が浮上したと言われていますので、真相を見ていきたいと思います。

そもそも、現時点で暁千星さんは3番手か4番手あたりであることが考えられ、大いにトップへの可能性も考えられます。

また、トップへの可能性が考えられる理由としては、新人公演の主演を既に4回務めていることが挙げられます。

暁千星さんと言えば、首席で入団している経緯があるだけに、元々のポテンシャルは抜群ですし、周囲の期待度も高いでしょうし、トップへの可能性は非常に高いでしょう。

暁千星の経歴が凄い!

暁千星さんの経歴が凄いと言われていますので、真相を見ていきたいと思います。

2012年に、宝塚歌劇団に首席で入団を果たします。

2013年に、阪急阪神のポスターモデルに起用されます。

2014年に、新人公演初主演を「明日への指針」で果たします。

2015年に、「1789-バスティーユの恋人たち」で新人公演の2度目の主演、「A-EN(エイエン)ARIVERSION」では、バウホールで初主演を果たしています。

2016年に、「NOBUNAGA-下天の夢」で新人公演の3度目の主演を果たします。

2017年に、「Arkadia-アルカディア-」でバウでは初の単独初主演を果たしています。

2018年に、「エリザベート-愛と死の輪舞-」で二役を演じ、新人公演の4度目の主演を果たします。

これだけの経歴があるだけに、トップへの可能性は非常に高いことが証明されています。

暁千星のプロフィール

現在、宝塚歌劇団の月組に所属して、男役のスターとして活躍している暁千星さんのプロフィールを見ていきたいと思います。

暁千星さんは、広島県福山市出身で、地元の福山暁の星女子中学校の出身です。

身長が173㎝と言うこともあり、男役として抜群の天職と言えるでしょう。

宝塚音楽学校に入学したのが2010年で、2012年には宝塚歌劇団の98期生として首席で入団します。

入団当初は宙組でしたが、2013年に組まわりを経て、現在の月組に至ります。

ちなみに、現在もNEWSの手越祐也さんに似ていると言われています。

確かに、笑った顔や全体的な雰囲気が似ていることが分かります。

手越祐也さんとに似ている件についてはこちらでもご紹介しています。

⇒暁千星の顔の傷治療は終わってる?手越裕也と似てると話題に!

暁千星のまと

宝塚歌劇団月組で活躍する暁千星さんについて、見てきました。

暁千星さんの父親が、元プロ野球選手の山内和宏さんだということが分かりました。

また、暁千星さんの本名が、山内亜里で1994年9月14日生まれ、2020年4月現在25歳ということも分かりました。

その他にも、5歳からバレエを始めていたり、宝塚音楽学校に一発合格で宝塚歌劇団に首席入学したりしたことも分かりました。

そんな暁千星さんは、私生活では体に気を遣ったストイック生活で、少なからず父親の影響があることが分かります。

暁千星さんは、今後、トップへの可能性が非常に高いですので、活躍から目が離せません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする