渋谷龍太の兄と両親は?実家の中華料理屋「昇龍」はどこ?

日本のバンドの中でも若者に超大人気のSUPER BEAVER(スーパービーバー)をご存知でしょうか。

今回はこのスーパービーバーのボーカルである、渋谷龍太さんをご紹介いたします。

スーパービーバーは、若者から圧倒的な支持を集め、彼らの生み出す聞き心地のよいメロディーと、心に突き刺さる強烈な歌詞で、現在人気急上昇中の男性4人組ロックバンドです

そのスーパービーバーの中でも欠かせないボーカルである渋谷龍太さんは、個性的なルックスと抜群の歌唱力で多くのファンを魅了しています。

若者を中心とする多くのファンから愛されているという彼は一体どんな方なのでしょうか。

彼の気になるキーワードとして挙げられているのが、彼の実家、中華料理屋、昇龍、兄、両親、などというものです。

今回はこちらのキーワードを中心に、たっぷりとご紹介いたします。

スーパービーバーのカリスマ的人気ボーカリストである彼の実家、中華料理屋、昇龍、兄、両親、など気になる内容が盛りだくさんですので最後まで是非ともご覧になってください。

渋谷龍太の活動するスーパービーバーとは?  

スーパービーバー渋谷龍太、柳沢亮太、上杉研太、藤原“32才”広明で結成された4人組ロックバンドであります。

若者から火が付き、広い世代の方に浸透したその音楽性は、とても高い評価を得ています。

多くのヒット曲を持ち、人気は急上昇中です。

渋谷龍太のプロフィール  

ここで渋谷龍太さんのプロフィールをご紹介したいと思います。

名前 渋谷龍太(しぶやりゅうた)

愛称 ぶーやん

生年月日 1987年5月27日

出身地 東京都新宿区

血液型 O型

所属事務所 NOiD]/murffin discs

2005年、『SUPER BEAVER』を結成しました!

渋谷龍太さんは2005年、高校の先輩後輩の4人でSUPER BEAVERを結成すると、2007年にミニアルバム『日常』でインディーズデビューすることになります。

その後、2009年メジャーデビューを果たしました。

2009年6月に1stシングル『深呼吸』でメジャーデビューを果たしたSUPER BEAVERは、

同曲がアニメ〈NARUTO-疾風伝-〉のエンディングテーマ

『道標』がアニメ〈NARUTO-少年編-〉

に史上初の同時タイアップとして抜擢され、注目を集めたのです。

その後2012年から自主レーベルを立ち上げインディーズとして活動したSUPER BEAVER

『ことば』や『青い春』、『予感』など多くの曲をリリースし、2020年から再びメジャー再契約し活躍しています。

このようにSUPER BEAVERは、若い世代を中心に絶大な支持を得ており、大注目を集めているロックバンドと成長しました。

また渋谷龍太さんは『澁谷逆太郎』という名義で、ソロ活動も行っておられました。

2015年はSUPER BEAVERの予約特典CDとして、「世紀末は雨に降られて」「誰かを想いながら」「小さな声で」「朝」という楽曲を公開し、

2020年にはシングル『sakayume』などをリリースしておられます。

そして2017年からラジオパーソナリティーも務めていました。

2017年4月から2018年3月まで、

毎週木曜日にラジオ番組『渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)』

のパーソナリティーを務め、ラジオのおしゃべりでさらにファンを魅了しています。

彼の腹部には、大きな花柄のタトゥーが彫ってあるのはファンの間でも有名な話だそうです

カメラマンである青木カズローさんから譲り受けたという、阿吽像をモチーフとしている阿の指輪をはめていて、

鼻の穴にはピアスが空いているという独特で多くの人の目をひくファッションスタイルも特徴的となっていて、多くの若者が影響を受けているのだとか。

渋谷龍太さんは、ボーカリスト・シンガーソングライター・作詞家・作曲家などとして活躍をしていますが、

ボーカルの他にも、オルガタンバリンコーラスベース、ギターなどを担当しています。

音楽を中心に、その独特なファッションで若者の心をつかんだといったところでしょうか。

渋谷竜也がバントを始めたきっかけは?

渋谷龍太さんの幼少期は、意外ですが家で過ごすのが好きで、外で活発に過ごすというよりは、家で過ごすことが多い傾向にあったそうです

バンドを結成したのは、高校生の時でした。

高校三年生の時に、同じ高校に通われていた上杉研太さんに「一緒にバンドを組まないか」と誘われて、そこでボーカルを引き受けたのがバンド結成のきっかけだったそうです。

そんな彼の高校時代は、羽目を外して目立っていたようですが、文化祭での演劇で主役に抜擢されたり、

根はまじめだったとクラスの担任の先生が話していたというエピソードもあります。

合唱コンクールの練習はかなり頑張って参加していたにもかかわらず、禁止されていたバイクで登校していたことが生活指導の先生に見つかってしまい、

コンクールに出場できなくなりそうになったようですが、そんなキャラクターであっても、クラスメイトから憎まれるようなことはなく、人気者であったようです。

そして渋谷龍太さんは、高校生時代には焼肉屋にてアルバイトをしていました。メジャーレーベル解約後には、居酒屋にてアルバイトをしていたという情報もありました。

高校時代を過ごした都立目黒高校では、バンドを結成し、その高校を卒業してからは服部栄養専門学校へ進学をしています。

この服部栄養専門学校では、調理師や栄養士やパティシエ(製菓)やブランジェ(製パン)などといった、様々な食のプロを目指すことのできるようなコースがあります。

彼がどのコースでどの職業を目指していたのかははっきりとした情報はありま戦で下が、

渋谷龍太さんが歌手のプロになる前にこのような専門学校に通っていたということは、その当時にはこのような専門職に就きたいと思っていたのかもしれませんね。

渋谷龍太の両親は中華料理屋を経営している?

渋谷龍太さんは高校卒業後は服部栄養専門学校へ進学しており、過去には焼肉屋や居酒屋でアルバイトもしています。

よく調べていくと、彼の実家が中華料理屋であることがわかっています。もともとご両親からの影響で料理関係の道に進学を決めたのではないかと思われます。

渋谷龍太の両親が経緯する中華料理屋「昇龍」はどこにある?

渋谷龍太さんのご両親は中華料理屋を経営されています。そのお店の名前は「昇龍」といいます。

東京都新宿区にあるそのお店は、ばら肉そば、五目焼きそばなどが看板メニューの美味しいと評判の中華料理屋さんです。

食べログのページもあり、ファンの方のみならず、お店の常連さんが行きつけにしている評価の高いお店のようですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

渋谷龍太の兄もミュージシャン?

渋谷龍太さんにはお兄さんがいらっしゃるようですね。そのお兄さんもミュージシャンとして活動をされているようでしたので調べてみました。

お兄さんはHi-Giというロックバンドで音楽活動をされているということです。

そのバンドは、関東ローカルのロックバンドということでしたが、渋谷龍太さんはお兄さんのことをとても尊敬していて、

ミュージシャンとしても話が合うということもあり、仲の良い兄弟として有名だということです。

「渋谷龍太の兄と両親は?実家の中華料理屋「昇龍」はどこ?」まとめ

人気ロックバンド、スーパービーバーのボーカルである渋谷龍太さんについてご紹介いたしました。

彼らの音楽はまだまだ進化し続けていて多くのファンをときめかせています。これからも渋谷龍太さんから目が離せませんね。応援していきたいと思います。

こちらもおススメ

⇒渋谷龍太の彼女や結婚の予定は?噂のmamiについても!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする